ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

シンガポール航空

しんがぽーるこうくう

シンガポール・チャンギ国際空港を拠点とするシンガポール最大の航空会社。航空連合「スターアライアンス」に加盟。
目次 [非表示]

コードデータ

  • 航空会社名: シンガポール航空(Singapore Airlines)
  • 2レター/3レターコード: SQ/SIA
  • コールサイン: SINGAPORE(シンガポール)

概要

シンガポールに本社を置く航空会社

1947年にMalayan Airways(マラヤンエアウェイズ)として創設。1965年にシンガポールがマラヤ連邦から独立し、マレーシア・シンガポール航空(MSA)となる。1971年にマレーシア航空(Malaysia Airlines、MH)と分離し現在の名称となる。

2000年に航空連合「スターアライアンス」に加盟。


運航機材

2024年4月時点。かつてはワイドボディ機のみ保有していたものの、2021年に子会社のシルクエアーを吸収合併した際に単通路機の737-800及び737 MAX 8がSQに移管されている。



サービス

最新鋭の翼とやさしいおもてなし」のコンセプトのもと、高品質な機内サービスに高い評価を得ている。


最新鋭の機種をいち早く導入し、平均機齢が若いのが特徴的である。それゆえに機体の運用サイクルも驚くほど短く、他の航空会社では長年使用され続けていることが多い機材を早期退役させることも珍しくない。


高い安全性

2024年6月時点でシンガポール航空で発生した死亡事故は僅か2件のみである。


9V-SPK

1件目は2000年10月31日に台湾・中正国際空港(現: 台湾桃園国際空港)にて発生したシンガポール航空006便離陸失敗事故である(台風接近中に桃園空港から米国ロサンゼルスに向けて離陸を試みた際、間違えて工事中の滑走路に進入して工事機材と衝突してしまった。83人死亡)。なおこの事故の当該機「9V-SPK(ボーイング747-400型機)」は「Tropical Megatop(トロピカル・メガトップ)」という壮麗な特別塗装が施されていた2機のうちの1機だったが、まさかの形で無惨な最期を迎えることとなってしまった。残された片割れの塗装も「お蔵入り」として通常塗装に戻され、発売予定の模型も販売中止措置が取られることとなった。


2件目は2024年5月21日にミャンマー沖の上空で発生したシンガポール航空321便乱高下事故(ロンドン・ヒースロー空港からシンガポールに巡航中の機体が晴天乱気流に巻き込まれて激しく動揺、多くの負傷者を出したためタイ・バンコクへ緊急着陸した。1人死亡)。なお、本事故の当該機「9V-SWM(ボーイング777-300ER型機)」もスターアライアンス(STAR ALLIANCE)の特別塗装が施されていた。


しかし、シンガポール航空ではこの2件を除けば死亡者が出るほどの大事故は起きておらず、総じて高い安全性を保っていると言える。


関連項目


リンク先

日本語版HP

関連記事

親記事

スターアライアンス すたーあらいあんす

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8642

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました