ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

マレーシアの航空会社。シンガポール航空などと並びサービス面での評価が非常に高い。


尾翼に書かれているのはマレー半島に伝わる。1971年に現在の体制になった際に採用されている。なお、それまでは翼の生えたをシンボルマークとして使っていた。


歴史

マレー半島全体がイギリスの植民地だった1947年にマレー航空として設立。1957年にマレー半島が「マラヤ連邦」としてイギリスから独立した際にそこの航空会社となった。

1963年にマラヤ連邦が、イギリス保護領となっていたボルネオ島北部(ブルネイを除く。1984年にイギリスから独立)およびイギリスの植民地だったシンガポール島を併合し、マレーシアと改組・改名した際、マレーシア航空と改名したものの、英語表記は「Malaysian Airways Limited」だった。

1965年にシンガポール島がマレーシアから独立した際、マレーシアと「新国家」・シンガポールとの共同運営会社となり、その2年後には「マレーシア・シンガポール航空」と改名した。

ただ、会社経営を巡って両国は対立、結果1971年、シンガポール航空が独立したのだった。この際再びマレーシア航空が成立。この時の英語表記は「Malaysian Airline Limited」であった。現在の「Malaysia Airlines」表記は1987年から採用している。


2013年2月には世界の航空会社連合のひとつであるワンワールドに加盟している。


経営悪化

国際的な評価が非常に高いにもかかわらず、2014年の370便墜落事故、17便撃墜事件と連続した不幸(しかも17便撃墜事件に関してはマレーシア航空に非があるとは言えず、無関係の内戦に巻き込まれた被害者である)によって、利用者が激減、政府主導での経営再建に踏み切った。

その際、一度破綻したものの再建を果たした日本航空の再建方法を参考にしているとされる。これにより、エアバスA380を手放すことになった。

主な事故

370便墜落事故

マレーシア航空370便墜落事故

17便撃墜事件

2014年7月17日、オランダ・アムステルダム国際空港からマレーシア・クアラルンプール国際空港へと向かったボーイング777-200ERがウクライナ上空で撃墜される事件が起きた。

ウクライナでは、当時、ウクライナ政府軍とロシア側民兵が内戦をくり広げており、マレーシア航空機派民兵側勢力範囲を航行していたところを撃墜された。

ウクライナ軍・ロシア側民兵はともに責任をなすりあう。

ロシア側民兵の勢力範囲から迎撃叛意から迎撃ミサイルが発射されたとの証言もあるがはっきりせず、業を煮やしたオランダが事故現場を検証すると申し入れたが、ロシア側民兵はこれを拒否、この事故も原因追及が困難なものとなった。


外部リンク

関連記事

親記事

ワンワールド わんわーるど

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3011

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました