ピクシブ百科事典

台湾桃園国際空港

たいわんももぞのこくさいくうこう

中華民国(台湾)にある国際空港。

概要

中華民国台湾)の首都台北郊外桃園市に存在する国際空港で、台湾最大の空港
チャイナエアラインエバー航空タイガーエア台湾ハブ空港として使用している。

台湾首都台北市国際空港としての機能を果たしている。台北松山空港から国際線の業務の移転を目的とし、1979年2月26日に開港した。
これにより、松山空港国内線専用、桃園国際空港は国際線主体で国内線の一部が運航という役割分担がなされるようになったため、国内・国際の航空路線を共に増便することが可能となった。
日本首都圏で例えるなら、桃園が成田空港、松山が羽田空港に相当するポジション空港である。)

台湾高速鉄道開通までは、桃園国際空港を発着する国内の航空便は増便が続いた。
また桃園空港と高雄間の移動には、鉄道より高い利便性を有す飛行機の需要が高まり、同区間便の増便が実施された。
しかし、現在は桃園国際空港を発着する国内の定期便はない。

他方、国際航空路線も順調に増便を続けてきたが、最近では香港国際空港上海浦東国際空港仁川国際空港といったハブ空港が近隣諸国に次々と開港したために、それぞれの空港と航空貨客の取り扱いをめぐって激しい競争が生じている。

日本空港では成田空港羽田空港関西国際空港中部国際空港新千歳空港仙台空港福岡空港那覇空港などとの間に直行便が運行されている。

関連タグ

中華民国 台湾 台北市 エバー航空 チャイナエアライン タイガーエア 空港 国際空港 ハブ空港 台北国際空港 台湾高速鉄道
成田空港 仁川国際空港 上海浦東国際空港 香港国際空港 シンガポール・チャンギ国際空港

コメント