ピクシブ百科事典

スサノオロ士

すさのおろし

『スサノオロ士』とは、ロッテによる食玩『ビックリマン』および派生作品に出演する架空の人物。
目次[非表示]

概要

第31弾ヘッド。若神子と深い因縁を持つ悪魔系ルーツのうち、ヤマト王子の対立軸にある八魔オロチに源を発する天使

来歴

ビックリマン

ルーツ化を経ながら過ごした長い年月の中で天使の八聖オロチ、悪魔の魔柔ボッテオロチェリーの聖魔二極の後継ルーツが誕生し、新河系の覇権を巡る天使と悪魔の最終決戦『聖魔究極戦』が勃発した際に各陣営の戦士として衝突する。激戦の末に八聖オロチがボッテオロチェリーを撃破し、パンゲラクシーのアトランチン中核と聖塔から発せられる光が交差した聖点で劇的な増力を受けて天使軍最強の戦士『スサノオロ士』となる。

大聖ユーラ(大魔ルーツ)やタイタン弁慶(魔僧弁慶ルーツ)と共に天使軍の先陣に立ち、悪魔軍の先陣を担うシーラドン帝(魔魚ルーツ)、フックダイルD(魔人フックルーツ)、魔彗ハレーシャーク(魔矢ルーツ)と刃を交え、遂には無敵体となって悪魔軍を率いるハムラビシーゲル、創聖使影(そうせいしシャドー)と魔洗礼によって悪魔化した明星魔クィーンの暗躍によって顕現したデュークアリババ、さらにはパンゲラクシー大層主の企みによって魔道へ堕ちたバンパイアフッドバンブピーターを悉く撃破する。

聖魔究極戦を終結に導いた後、アトランチン中核に眠る秘宝の力を解放して新世界となるジオ界(=地球)を生み出し、表層界とは異なる次元に誕生した新世界の始祖『♂スサノオ』となって長きに渡る戦いの日々に別れを告げ、天地を潤す元素を司る汎神(パンじん)となった若神子6名、太陽となって光を司るソルマルコとなって影を司る反ソルネイロス(アンチ-)、許されざる大罪の償いとして大地を支え続ける巨神亀獣アリババ(ギガンタートル-)の恵みを享受しながら国造りに生涯を捧げる。

スーパービックリマン

声優:小林通孝
暗黒面に傾いて世界を破滅に導こうとした超聖神こと巨魔界神ザイクロイド・アノドを封印し、神話として語り継がれる「伝説の四戦士」の1人。

自身の末裔に当たるアスカが窮地に陥った際に心から願った思いに同調し、己の超聖理力を託して聖戦士『倭天聖イザナ・アスカ』となる力を授ける。

ルーツ

八魔オロチ→八魔鬼ング→(ルーツ化)→八聖オロチ・魔柔ボッテオロチェリー→(増力変化)→スサノオロ士→♂スサノオ

関連イラスト

  • スサノオロ士
スサノオロ士を描いてみた


  • ♂スサノオ

♂スサノオとパンゲアクター



関連タグ

ビックリマン スーパービックリマン

pixivに投稿された作品 pixivで「スサノオロ士」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10021

コメント