ピクシブ百科事典

目次[非表示]

ここまで来るとは思わなかった!
ここから先はスペシャルコース!
クリアすると、少し新しい恐竜ランドを楽しめます。
(「おたのしみコース1」のメッセージブロックより)

概要

スーパーマリオワールド」の隠しワールドで、実質上の最終ワールド。
ネイティブスターのコース5から、スターロードを通って入れる。
背景は真っ黒で、画面上にスーパーファミコンのマークと、星で作られた「SPECIAL」の文字が光っている。

コースは全部で8つあり、分岐はなくすべて一本道だが、どのコースも非常に難易度が高い。
偶数ステージをクリアすると、セーブするかを選択できる。

各コースの説明

おたのしみコース1

壁にすえつけられたジャンプ台を使ってステージ上部まで上がりつつ、頂上からは反対側の通路へ一気に急降下。着地点にノコノコが待ち構えているため、チビマリオでの降下は避けたい。

おたのしみコース2

パワーバルーンを使って長い谷を突破する設計だが、時間制限やブルを始めとした無数の妨害があるため、正攻法での突破は難しい。青ヨッシーを持ち込んで、Pスイッチでコインを足場に固めた上で赤パタパタを食べれば、ゴールまで一気に飛行できる。ただし上空を通行しようとするとそれでもドツボに嵌まるため、場所によっては低空飛行するなどの判断は必要。

マリオスタッフもビックリコース1

ワイヤーの上をリフトで進むアスレチックコース。チョロボンが妨害してくるが、ヨッシーに乗っていれば足場になる。マントマリオとの組み合わせがあれば敵を足場にしやすいためかなり難易度が下がる。

マリオスタッフもビックリコース2

滑る氷の足場に加え、青ノコノコや黄ノコノコによる甲羅アタックの雨あられ。ヨッシーがいれば飲み込めるし、先手を打って甲羅を奪ってしまえば攻撃もされない。守りに入るとかえって苦戦しがち。

スペシャリストのためのコース1

ある意味最も有名なコース。かのタイトル画面で使われているデモシーンがここなのである。したがって拍子抜けするほど難易度は低いのだが、デモシーンにない後半部分は厄介な敵が一気に増える。ルーレットブロックでマントかスターを当てて突破したい。

スペシャリストのためのコース2

上がり下がりする水位、ゴールとは逆方向に流れる水流が行く手を阻む。水位が上がった時を考えてファイアで進むか、水位が下がった時を狙ってマントで進むかが定石になるだろう。プクプク(≠ブクブク)はヨッシーでは踏めないので過信しないこと。

チャンピオンシップのコース1

視界の良くない森に、マントでなければ対処の難しい敵が多数登場。また、キラーの砲台が高く設置されているため、この状況でジャンプ台の持ち運びを余儀なくされる場面も。

チャンピオンシップのコース2

コースとしては終盤の基準ではそれほど厄介なものではないが、いかんせんタイム200という短さが問題。緑の果実をヨッシーに食べさせればタイム+20なので狙えるなら逃さずに。ブルはマントガメを呼ぶ個体もいるため、先手で1発踏みつけて阻止しておくこと。
ここをクリアすると「裏ワールド」に突入し、コースの色・敵の外見・ノコノコの色配分に変化がある。裏ワールドからは二度と元には戻らない。

関連タグ

スーパーマリオワールド

ネイティブスター ←

関連記事

親記事

スーパーマリオワールド すーぱーまりおわーるど

兄弟記事

コメント