ピクシブ百科事典

ソーマ・シックザール

そーましっくざーる

ソーマ・シックザールとは、ゲーム「ゴッドイーター」の登場人物。
目次[非表示]

概要

ソーマ(18) 担当声優:中井和哉
誕生日8月28日 身長177cm
2064年フェンリル極東支部入隊。

第一部隊に所属する神機使い。階級は強襲兵曹長。

若者ながら古株の神機使いで非常に優れた五感と身体能力を持ち、神機との適合率も飛び抜けて高い。戦闘能力は優秀だが他者を拒絶する排他的かつ協調性に欠けた性格と度重なる問題行動が原因で階級は低い。




(以下ネタバレ有り)












本名、ソーマ・シックザール。フェンリル極東支部長ヨハネス・フォン・シックザールの実子であり、マーナガルム計画においてP73偏食因子を細胞に埋め込まれて誕生した人間。後述する事情によりあだ名は『死神』。
計画は失敗に終わったが、ソーマ自身を研究することによって神機の技術基盤ができあがり、現在のようにゴッドイーターを組織するようになった。ゴッドイーターのオリジナルともいえる存在である。
P53偏食因子を定期投与する他の神機使いとは異なりP73偏食因子を体内で自ら生成できるため、偏食因子を人工的に投与する必要がない。


主人公に対して不愛想でつれない態度をとるが、シナリオが進むにつれてシオに対して言動こそぶっきらぼうなものの優しい態度をとったり、それを主人公や仲間たちにからかわれて悪態をつきながら赤面するなどの一面を見せるようになる。そのためファンからツンデレ扱いされることもしばしば。

なお彼の人を遠ざけるような言動・冷淡な態度は他人を傷つけないため…というか「彼が所属した小隊や同行した神機使いは死ぬ」というジンクスが存在する(ゲーム内で明確に描かれたのは母親のほかにエリック雨宮リンドウ(正確には謀略だが)の二名)のためである。

異常に優れた五感やどんな傷でも短期間で治ってしまう治癒能力を周囲から気味悪がられ、12歳でゴッドイーターになってからは小隊が全滅、支部長である父親からは戦うことを強要されていた。

劇中では「特務」と称してシオの捜索を任されており、自分と同じく特務を言い渡された主人公に対して「アイツ(ヨハネス)には深入りするな」と忠告する。



ゴッドイーターというゲーム自体が「キャラメイキングがあり、そのうえでストーリーのある」作品であり、なおかつ主人公がいわゆる「喋らない主人公」であるため、
無印終盤では彼に際立ってスポットライトが当たり(終盤の展開以前からメインNPCの中では存在感があった)、あたかも主人公のように扱われたキャラでもある。





キャラ性能

無印

体力と攻撃力が高めで、NPCの中でも頭一つ抜けた性能を持つ。
体力の上限、近距離型などの性質上、最もプレイヤーをリンクエイドしてくれるキャラであり
(多少突き放した感の有る戦闘中ボイスとのギャップもツンデレといわれる所以のひとつである)
回復錠を湯水のように消費してアラガミの足下まで何度も何度でも駆けつける。上記の特性から長期戦は不向き。
強襲兵という兵種、上記の理由と作中のダメージインフレによるPCの死亡率の高さから、一部では強襲衛生兵などと呼ばれる。




BURST

相変わらずNPCでもトップクラスの性能を持っている。
さらに敵を引き付けやすくなるスキルも持っているため、散開して敵分散を狙う際にも非常に頼りがいがある。
また、ある時期を境に戦闘中のセリフがほぼ一新される。簡単に言うと丸くなる。




2

GE log4



年齢(21) 身長181cm 

クレイドル」の一員として、またゴッドイーターとして活動しながらも研究職に携わり、
一部の人からは「ソーマ博士」と呼ばれている。
将来的にはペイラー榊の後を継ぐのを目標にしている。
服装も一新しており青いフードから、背中にフェンリルマークの入った
クレイドルの制服を着ている。
そのシルエットはかつて彼にとって特別な存在であった父やシオを思わせる。
NPCとして参入するのはストーリー終盤になってくる。
また、ストーリー終了後や「レイジバースト」のシナリオでは、研究者としての知識や経験を
活かして螺旋の樹の調査に貢献している。
キャラ性能は2やレイジバーストからの新システムにより、
他の次世代神機使い達以上に安定した前衛を努めてくれる。
ただしアラガミバレットの受け渡しが出来ないため注意が必要。





プロジェクトクロスゾーン

SEGA、CAPCOM、バンナムのキャラが入り乱れるお祭りゲーである本作にも参戦。
時間軸はゴッドイーターバースト終了後であると思われる。
原作の実質的なヒロインであるアリサとペアユニットを組むという形で参戦することとなった。
…上記の通り主人公がキャラメイク制なので立場がないのはしょうがない。
Burst終了後の参戦ということで、死神ジンクスは消滅しアリサやリンドウからかなりの信頼を得ている。
また、今作ではボケに回るキャラが非常に多い為、必然的にツッコミ役・進行役を担うこともある。

が、鉄拳シリーズから参戦したアリサ・ボスコノビッチをソロユニットに設定した場合、戦闘前会話で
首が取れる方「私とアリサさん、名前が一緒で、ややこしくないですか?」
ソーマ「区別がつけばいい。首が取れる方取れない方だろ」
取れない方「区別の仕方、もっと他にありますって…」
とまあ、本作の祭りの空気にいくらか呑まれてるようだ。
ちなみに、この時の鉄拳アリサの立ち絵は首を外して話をしている。

しかし、続編ではリストラ。おそらく研究職に携わったせいか出られなくなったと推測している。

関連イラスト

喰う
「背中は任せる」



関連タグ

ソーマ ゴッドイーター GODEATER
ザップ・レンフロカップやきそば現象

pixivに投稿された作品 pixivで「ソーマ・シックザール」のイラストを見る

関連商品

関連商品をもっと見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1095685

コメント