ピクシブ百科事典

ゾンビリオン

てのこんだいやがらせ

『テイルズオブデスティニー』に登場する、あまりに多くのプレイヤーに哀しみを背負わせた敵キャラ。
目次[非表示]

概要

 PS専用RPGテイルズオブデスティニー』終盤に登場する
 その正体はラスボスの天上王ミクトランにより無理矢理甦生されたリオン・マグナス死体である。作中では一貫して「リオン」とのみ表記されており、この名称はファミ通文庫から発売された小説版で付けられた。
 皮膚は薄黒くくすみ、目も虚ろになっているが、なんとこの姿でも自我は残っており、メイン画像のように「コロシテクレ ボクヲ ハヤク・・・」としゃべりながらスタンらに襲いかかって来るという、あまりに悲しすぎる設定のキャラとなっている。戦闘スタイルは生前と特に変わらない。
 この甦生はミクトラン側の純然たる嫌がらせ以外の何物でもなく、ミクトランからしても単なる捨て駒でしかなかったようで、スタンたちは「命を弄びやがって!!!」と激怒していた。小説版ではルーティがあまりのショックに半狂乱になっていたほどだった。

 …こうした事情から、このゾンビリオン戦は(リオンの死以上に)TOD屈指の鬱展開と名高く、続編である『テイルズオブデスティニー2』でジューダスとしてリオンがよみがえった際にも一切触れていない。また、漫画版やPS2版ではそもそもこのシーン自体が完全に削除されている。

客演

 GBA用RPG『なりきりダンジョン2』には、「リオン?」という敵キャラが登場。肌の色や光属性に弱いといった点から見て、このゾンビリオンで間違いないだろう。
 サナトスによってなりダン2の「浮遊死都(ToDのダイクロフトがモチーフのダンジョン)」に召喚された上に操られるが、その場にゾンビ化する前のリオンが現れて「偽者」と断じられ、「本物」のリオンと主人公達に倒される。

関連項目

テイルズ テイルズの敵キャラ ゾンビ 生きる屍
みんなのトラウマ 悪堕ち 哀しき悪役

pixivに投稿された作品 pixivで「ゾンビリオン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 446

コメント