ピクシブ百科事典

タウロニオ

たうろにお

タウロニオとはファイアーエムブレムシリーズの 「蒼炎の軌跡」「暁の女神」の登場人物。

概要

クラスは『蒼炎』ではジェネラル。『暁』では槍武将→将帥。

デインの遺臣。先々代王の治世には【不動の四駿】(タウロニオ、ガウェインブライスランビーガ)とよばれたほどの名将で、ガウェインやブライスとも同僚であり友人でもあったが、アシュナードの下で戦功を上げるのを拒んだために【四駿】を降ろされてしまう。『蒼炎』では先王アシュナードの暴政に反発、王都で散るつもりでいたが、アイクの剣術にかつての友、ガウェインを見出し失うには惜しいと考え投降、そのままクリミア側で戦った。終戦後はデインに戻り、『暁』ではペレアスらとともに解放軍を結成する。
『暁』ではデイン復興のため戦うが、ストーリーの展開上で別働隊を指揮している場合が多く、自軍ユニットとして使える機会はあまり多くない。三部の意義なき戦いには迷いを持ちながらも、一度祖国に背いた身として最期までデインとあろうとし、ジル・フィザットツイハーク達の離反を認めつつも説得を受け付けず戦い続ける。
『蒼炎』の支援会話において、ヨファに似ているジョジュという息子がいることが判明しているが、彼の家系は代々軍人として名を挙げており、彼も息子を軍人として育て上げたがアシュナードの側近として出撃した際に重傷を負って帰還、一命は取り留めたものの歩くこともできなくなってしまった。それにもかかわらず二男を鍛え家の名誉を重んじようとし家庭を省みなかったため、妻子はクリミアの親族を頼って家を出てしまい家族とは別居中。

関連タグ

ファイアーエムブレム 蒼炎の軌跡 暁の女神

pixivに投稿された作品 pixivで「タウロニオ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 63

コメント