ピクシブ百科事典

※当記事は、Fate/Grand Order「英霊伝承異聞巌窟王 エドモン・ダンテス」の重大なネタバレがあります



































エドモンの師であるファリア神父を監獄塔シャトー・ディフへと陥れた張本人。
正体は死徒二十七祖の番数外ミハイル・ロア・バルダムヨォン

偽名として「タランテラ」を名乗り、聖堂教会代行者として活動していた。
CVはメルブラカーニバル・ファンタズムと同じく成田剣氏が務める。

Fateシリーズ月姫系列は前提として人理が脈動しているか、していないのかという点で決定的に異なっている世界線となっている。
月姫世界線においては彼はアルクェイドに焦がれたからこその道であったが、Fateシリーズの世界線では自分を大きく変えるアルクェイドと出会うことすらなかったために一般的な型月世界の魔術師のようにただひたすらに知識を求めていた。転生を続けることによって。
その最中、ファリア神父を嵌めたことによってエドモンからファリア神父の無念を晴らす復讐の標的にされる。
エドモンの腹心であるコンチェッタをその手に掛け、その後の直接対決で終始エドモンを圧倒するが、最終的にはエドモンが手にした「十四の秘宝」の力による魂すら燃やす黒い炎によって、燃やし尽くされ消滅した。

コメント