ピクシブ百科事典

ダークキング

だーくきんぐ

ダークキングとは、FFUSAのラスボスの名称である。
目次[非表示]

もしかしてDQシリーズに登場するダークキング

概要

世界が荒廃し混乱に陥った元凶であるFFUSAラスボス

“4つのクリスタルを手中にせし者、中央の高き魔界として君臨し、世界を思うがままに支配できる…”という古の伝説を知り、それを実行する為に四天王と呼ばれる自身の配下(フレームサウルス)、アイスゴーレムヒュドラパズズ)にそれぞれの4つのクリスタルを奪わせて世界征服を企んだ魔王(そもそもそんな伝説なんぞを残した人物は一体何を考えていたんだろうか?実践する方も大概だが…)。

黄金王冠ビロードマントを身に付けた色のをした人間型の魔族の姿をしているが、その正体は巨大な蜘蛛であり、ダメージが蓄積されて行くと徐々にその正体の鱗片を見せて行き、ある程度のダメージを与えて追い詰めるとその真の姿を曝け出すことになる。

第一形態

ラストダンジョンである“最後の城”の深淵部で待ち構えるダークキングの最初の姿。
この時はまだ本気を出していない為か人型の姿を保っているが、ある程度ダメージを与えると本気を出して次の形態へと変貌を告げる。
攻撃で特に注意するべきものはないが頻繁にクリティカルヒットで1000近いダメージを与えてくる“おうのつえ”にだけは注意したい。

第二形態

が六本に増え、が生えた姿。この形態から自身の正体の鱗片を次第に見せ始めてきている。
6本の腕にそれぞれに“ミラーソード”、“アイスサーバー”、“ファイアソード”、“ダークサーバー”、“クェイクアクス”、“エルフのゆみ”といった異なる武器を構えている。
ちなみに腕があたかも六本に増えたかのように見えるが、袖が6つもあるガウンを着ている所から元々マントの下に隠れていた腕が表に現れたという説が有力。

さらにダメージを与えつつけると「ゴゲゲゲェ しつこいやつらめ!ワシの ほんとうのちから おもいしれっ!」とのセリフと共に真の姿を曝け出す。

第三形態(最終形態1)

ダークキングの正体である大蜘蛛形態。
Lvがカンストしていても先手を取られる危険性がある為、“ダークホーリー”の連発には注意したい。
また、パートナーであるフェイにはステータス異常耐性が無い為、石化効果や混乱効果のある“きんのいと”、“ぎんのいと”にも注意したい(フェイが石化した状態でザッシュがいと攻撃のクリティカルヒットを喰らってゲームオーバーになる事なんてザラである)。

第四形態(最終形態2)

腕が千切れてそこから色の触手が生えて来たかのような微妙にグロイ姿をしたダークキングの最終形態。
厳密には最終形態である第三形態が弱って来た姿というのが正しく、攻撃パターンには何ら変化は見られない。
ちなみにその容姿から蛸っぽい姿と一部では揶揄されているらしい。

関連項目

FFUSA ラスボス

pixivに投稿された作品 pixivで「ダークキング」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1488

コメント