ピクシブ百科事典

チエコ

ちえこ

「サイボーグクロちゃん」の登場人物。メイン画像左のキャラクター。
目次[非表示]

「オトナの私から忠告してあげるわ そろそろ自分の力で歩いていく準備をしてもいい頃よ?」
「ゴローはこの先も人間として生きていくの みんなと喜びをわかちあって笑って生きていくの!」

概要

CV:半場友恵

横内なおき原作「サイボーグクロちゃん」の登場人物。
鈴木が勤務する小学校に転校して来た小学生。超能力少女である。一人称は「私」。
本名は岡田チエコ。下の名前の正式な漢字は不明。アニメ版では「岡田チエ子」と表記されたこともある。

人物

大人びた性格で、時には小学生とは思えないような難しい単語を使う。ただしテストの成績はあまり良くない。
非常に短気で、自分を馬鹿にする相手には容赦無く攻撃する。クロ曰く「じゃじゃ馬エスパー」。
髪型は風が吹いていないのに常に靡いている。

超能力に関しては、テレパシーサイコキネシスなど、一般人が「超能力」ときいて思い浮かべるおおよそのものは持っている。ネックレスである程度超能力を封印しているが、封印を解く(ネックレスを外す)と、自然発火現象など、炎を操る能力が使えるようになる。

本人曰く、超能力を持っているために周囲から化け物扱いをされ、母親と共に元々いた町から追い出されてしまったらしい。その後、クロ達の住んでいる桜町に引っ越してきた。
父親は世間の弾圧に耐えられず妻子を捨てて消えたようで、彼女は父を「コシヌケ」と罵倒している。

暴走したクロによって初恋を台無しにされた事を恨み、彼に復讐を果たそうとずっと居場所を探していたが、なんだかんだあってクロ達に馴染んでしまう。
しかしそれからもクロとの仲はあまり良くなく、口喧嘩や攻撃戦に発展することが多い。

バイオメタルのロボットとなってしまったゴローの母親として、大怪我を負いながらもゴローを人間に戻そうと奮闘していた。作者曰く「ゴローの世話焼き隊長」。
そして少しずつゴローに惹かれていき、時には嫉妬をしたり、時には親バカの様な言動をとるようになる。ゴローと出会ってからは、超能力を自分のためでなく彼を守るために使うようになった。

ゴローと付き合う上で物事を理屈で考えるようになったため、非現実的な力である超能力が弱くなっていく描写があった。クロの「修行」によって一度は取り戻したものの、それ以来超能力を使用する場面はほとんど無くなった。
ゴローが人間に戻ってからは、彼と一緒にUFOを呼び出したりゴローの父親の面倒を見たりしている。

アニメ版は僅かであるが登場した。番外バトルでは初回の扉絵のみ登場。

関連イラスト

ゴローは、人間として生きていくの。
ゴローと愉快な仲間たち



関連タグ

サイボーグクロちゃん ゴロー(サイボーグクロちゃん) クロちゃん
コミックボンボン 横内なおき
超能力 超能力者

pixivに投稿された作品 pixivで「チエコ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 310

コメント