ピクシブ百科事典

ツェップ

つぇっぷ

ARK SYSTEM WORKSの対戦型格闘ゲーム「ギルティギア」シリーズに登場する国家。

ポチョムキンの故郷。聖戦末期に誕生した武装国家。巨大な飛空艇を国土としている。
元々は世界的に禁止された科学の復興を元に集った理想ある国家だったが、聖戦が終結する頃にはその気高い志は影を無くし、奴隷制度を礎とする独裁政治へと変貌。
逃走を防ぐ爆殺首輪で兵士を縛り、反体制派を力でねじ伏せていた。
後のガブリエルの統治によって、平和な国家となりかつての理想を取り戻している。
ちなみにポチョムキンは同国でガブリエルに次いで英雄的扱いを受ける描写がある。

コメント