ピクシブ百科事典

ツユクサカオル

つゆくさかおる

ツユクサカオルとは、メダロット5に登場した人物である。
目次[非表示]

概要

メダロット5で、コイシマルがせいどう学院で出会う少女。愛機はガイライン
実家はすすたけレイクの貸しボート屋の娘で、ボート屋で経営している兄と、実家には弟と妹がいる。

せいどう学院編

カオル


ロボトルの腕を買われてせいどう学院に入学し、せいどう2軍のリーダーになる。
学院の方針のため、他人を寄せ付けず、ただロボトルに勝つことだけを考えるキツい性格のエリート気質をしていた。

しかし、コイシマルと出会って交流する内にせいどう学院の方針に疑問を抱くことになる。
ロボトル大会ですすたけ小メダロット部に敗退した事で、経営者のヤクモから『メダロット没収。さもなくば退学』を迫られるが、その横暴さに反発して自ら退学を決意し、すすたけレイクの分校に戻る事になる。
この時、コイシマルに自分の電話番号を渡すが、彼女に惚れたアサヒに奪われる羽目になる。

すすたけレイク編

【みにめだ!】ツユクサカオル


せいどう学院の頃の雰囲気はどこへやら、服装と性格が明るくなった。どうやらこっちが素である様子。
そして、本来の自分を取り戻すきっかけをくれたコイシマルに恋心を抱くようになったまさかのツンデレキャラ天領イッキの女装といい、スタッフの時代を先取りした発想に脱帽である。
ちなみに、せいどう学院を出ていく際に、その片鱗を垣間見る事ができる。

もうコイシマルにデッレデレであり、兄にコイシマルの事を話しているし、弟と妹に自分とコイシマルがラブラブだと吹き込んでいる
分校代表『レイクエンゼルス』のリーダーとして、コイシマル達すすたけ小メダロット部と戦う事になる。

実はガイラインに装填していたテナガザルメダルがレアメダルであり、そのため黒マントの人物とヤクモに狙われていた。

総評

ラクガキ(ツユクサ カオル)


このようにツンとデレのギャップが凄まじく、尚且つどちらのデザインも非常に可愛いと評判である事からメダロット5ヒロインで最も人気があるキャラクターである。
ちなみに、デザインを担当したのはTAGRO氏で、メイン画のキャプチャーでその事を語っている。

なお、ゲームボーイアドバンスでプレイ(メダロットクラシックスではGBAモードでプレイ)すると、ミチオに待ってもらうか電車で帰るかの選択肢で、電車の代わりにバスで帰るという選択肢が加わる。
『バスで帰る』を選択すると、せいどう学院前でおばけメダロットに襲われるカオルを助けるイベントが発生し、その時彼女が落としたハンカチを届けることで彼女との友情値が上がるようになる。
そして、クリア後に彼女の家に訪れると、彼女とデートする事になる。
カオルとデートしたいがためにゲームボーイアドバンスでプレイするメダロッターが続出したとかしなかったとか……。

メダロットG

デンスケランドの大会参加者として登場。
コイシマルと久々に再会したようだが、相変わらずデレデレである。

漫画版

初登場の時点で既に他のチームに負けていたらしく、せいどう学院から追い出された。
コイシマルに恋するという設定がなくなり、続くメダロットGでも対戦相手として普通に対応していた。
ほるまりん氏曰く「ストーリーを削らなければならなかった」との事で、そのためにコイシマルとの関係を削らざるおえなかったと察せられる。

しかし、性格は転校後の明るい性格を元にしており、コイシマル達と友好的に接している。

メダロット7

メダリンクのオープンランクで戦う事ができる。順位はコイシマルよりも上で、ガイラインを使用する。

コイシマルとは現在も関係を続けていると思わしき発言をしており、コイシマルもクロトジルシンザンではなくガイラインを使っている。
……爆ぜろ。

メダロットDUALにも登場し、ペンギン型メダロットのポッピンを使用する。

関連タグ

メダロット5 メダロットG
ガイライン
コイシマル

関連記事

親記事

メダロット5 めだろっとふぁいぶ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ツユクサカオル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 343

コメント