ピクシブ百科事典

テツジン・グランキオ

てつじんぐらんきお

くら寿司のweb漫画及びトレーディングカードゲーム「回転むてん丸」の登場人物である。

愛称は「テッちゃん」。
第三章から登場。ユーロピアのレストラン・コラールで働く。
ロボット料理人、一人称は私。
常に敬語で落ち着いた物腰だが、ロボット故か少々融通が利かない部分も。
皆からはテッちゃんと呼ばれているが、「テッちゃんではありません、テツジン・グランキオです。」と返すのがお約束になっている。
店長であるリオラの元で料理の修業をしており、 度々本気でどつかれているが厳しさの裏の愛情はなんとなくではあるが理解している。
親を亡くしリオラの下に引き取られた少女メル・スーと仲良しで、近所ではチビデカコンビと呼ばれているらしい。
4章時点のメインメンバーの中では一番の長身で、むてん丸の3倍はある。
まごころの料理で皆を笑顔にするのが
元々は戦争用の機械兵で、自分にはがないと思っている節があり、そのためか人間の感情的な行動を理解できないと度々呟いている。
しかしユーロピアでの怪物の暴走事件で取り込まれたメルを救うため、メルやコラールの人々を家族と呼び、取り込まれた彼女の心に呼びかけるなど強い意志を見せている。
事件の後自らの心を鍛え、料理の腕を磨くため一行に同行する。
名前の由来はイタリア語でカニ(granchio)。



機械兵時代

戦友



元々は戦争用の機械兵であり、正式な名前は「テツジン初号機」。
右腕をカニの鋏のような刃物に変形させることが可能。
また寿司ネタでよく見る形の海老のような巨大な盾を何処からともなく取り出せる。
一部隊を単機で殲滅するほどの戦闘力を誇り、非常にすばやい動きで相手を翻弄する。
排除プログラムにより敵国の人間を全て排除する戦いしか知らない存在だったが、排除しようと近付いた盲目の老婆が、声が似ていたため息子のグランキオが帰ってきたのだと勘違いし彼を家に迎え入れたことで一変する。
老婆の料理からまごころの存在や優しさを知り心の片鱗が芽生えた彼は、戦争が終わった後老婆の息子の夢であった料理人になること、テツジン・グランキオとして生きることを決意する。
彼が普段着ているシェフの服はこの老婆の息子グランキオのものである。
彼が名前にこだわる理由はこういう経緯があるからと思われる。
なおアスタル・テイムは戦時中の同僚であり、ユーロピアの事件で姿を見せた彼に僅かながら反応を見せている。
余談だが戦時中は現在に比べ頭部の房飾りがかなり長い。
調理をする際邪魔になるので切ったのだと思われる。

表記ゆれ
テツジン
グランキオ

関連タグ

回転むてん丸

pixivに投稿された作品 pixivで「テツジン・グランキオ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 43211

コメント