ピクシブ百科事典

デスサイズス

ですさいずす

デスサイズスとは、『ソウルイーター』に登場するデスサイズ達のことである。
目次[非表示]

概要

99の悪人の魂と1個の魔女の魂を喰らい死神様の武器、「デスサイズ」となった者たち。
全部で8名からなり、世界各地に赴任して治安維持にあたっている。
これに加えてソウル=イーターがデスサイズになったことで、合計9人のデスサイズが存在する。
知識の旧支配者エイボンが、暴力で規律を乱す魔女達への対抗手段として考案した『心ある兵器』。
本来は『変身能力を持つ魔女の魂を触媒に、武器と人体を融合させる』という、倫理的に極めて難がある製造法から凍結されていたプランだったが、技術を盗んだ魔女アラクネが生み出した。
その子孫たる『魔武器』達の遺伝子が長い年月をかけて世界中に飛び散ってしまい、その回収・管理をする国際機関として死武専が設立された。
現代の魔武器達は、体内に魔女の魂を持たない生まれながらの未完成品で、上述の魂集めを完了することで初めて死神様の武器としての本来の役目を取り戻すことが出来る。

メンバー

括弧内は担当地域。

スピリット=アルバーン(北アメリカ担当)
ジャスティン・ロウ(ヨーロッパ担当、後に離反)
マリー・ミョルニル(オセアニア担当→死武専教師)
弓梓(東アジア担当→東アジア・オセアニア担当)
テスカ・トリポカ(南アメリカ担当)
ツァーリ・プーシュカ(東ヨーロッパ担当)
ジン・ガラン(西ヨーロッパ担当)
デング・ディンガ(アフリカ担当)
ソウル=イーター(ラストデスサイズ)

関連イラスト

デスサイズ
デスサイズス
デスサイズ



関連タグ

ソウルイーター デスサイズ

pixivに投稿された作品 pixivで「デスサイズス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 77006

コメント