ピクシブ百科事典

ジャスティン=ロウ

じゃすてぃんろう

ソウルイーターのキャラクター
目次[非表示]

概要

(声:藤田圭宣)
大久保篤のファンタジー漫画・『ソウルイーター』の登場人物である。
デスサイズスヨーロッパ担当。金髪碧眼で神父のような格好をしている。
職人をつけず、13歳で史上最年少デスサイズス入りを果たした。現在17歳。
常に大音量で音楽を聴いており、基本的に人の話を聞かない。読唇術で相手の発言内容を把握する特技を持つが、死神様テスカ・トリポカのような仮面・覆面をつけた相手にはまるで役に立たない。

本体はギロチンであり、通称『爆音と共に現れる処刑人』。
B・Jの魂感知能力を危険視していたために事件を起こし、マリー・ミョルニルフランケン・シュタインと一戦交えたりしているが、アニメと原作ではその辺りの設定が多少違っている。

『迷える子羊達よ 貴方達の魂を解放して差し上げましょう』

ソウルイーターノット!でのデスサイズスは、春鳥つぐみ多々音めめアーニャ・ヘプバーンを含むNOTクラスの生徒に死武専8不思議扱いされており、
道に迷った彼女等の道案内をするつもりが誤解されてしまった。

死武専を退学になった生徒は 爆音と共に現れる処刑人に捕まり、拷問され処刑される

かなり美形であり、月刊少年ガンガンの売り上げに貢献しているであろうキャラクター。

ブッ叩きジョーの魂感知能力を危険視していたために事件を起こし、マリー・ミョルニルフランケン・シュタインと一戦交えたりしているが、アニメと原作ではその辺りの設定が多少違っている。

関連イラスト

背中合わせ
ジャスティン
神父
喧嘩する程、







ネタバレ









マリー、シュタインとの交戦後、魔道具で逃亡。
一時期魔道師ノアの一味と行動を共にしていたが、ノアから阿修羅の居場所を聞き出し
「スパルトイ」との交戦中に姿を消しその後、テスカ・トリポカを完全武器化し殺害。
(実際テスカ・トリポカは魂を鏡に映し、逃げていた)

月面戦争でシュタインとマリーに粉砕され死亡。


Wikipedia記述
余談だが、技の一つ「法を守る銀の銃(ロウ・アバイディング・シルバーガン)」は、作者の過去作品『B壱』の登場人物、七海陽平の使う銃の名前と同名。←








関連タグ

ソウルイーター デスサイズス ギリコ 鬼神阿修羅

pixivに投稿された作品 pixivで「ジャスティン=ロウ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 24778

コメント