ピクシブ百科事典

ドリンカー(恐竜)

どりんかー

ジュラ紀後期の北アメリカに生息していた小型の鳥脚類の一種である。
目次[非表示]

名称

学名:Drinker
中国名:德林克龍
属名は「ドリンカー(人名)の者」から来ている。

概要

全長約2m、体重20kgほどの小型のヒプシロフォドン類である。
およそ1億5000万年前のジュラ紀後期に、ドリンカーという名前の小さな草食恐竜が沼地のまわりに生息していた。この草食恐竜は全長がおよそ2mほどであり、それは成長した人間と同じくらいの大きさであった。これは他の多くの恐竜とくらべると小さいサイズである。ドリンカーは二足歩行をする恐竜であり、前足が短く、後足は長くて強力であり、は小さかった。この恐竜の近縁には、オスニエリアがいるが、違っていたのは、ドリンカーのほうがより尻尾が柔軟であったということである。それと、ドリンカーののほうがより複雑な歯冠を備えていたようである。

関連タグ

恐竜 鳥脚類 ヒプシロフォドン科

関連記事

親記事

ヒプシロフォドン科 ひぷしろふぉどんか

兄弟記事

コメント