ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要編集

魔女ヒルダに付き従う福音使徒の一員。11歳。

“人形使い、切り裂きドロシー”と呼ばれ、人々から恐れられている。

戦場でチェーンソーを振り回すブッチャー。


人物編集

人間を人間と思わず、人形に見立ててバラバラにしてしまう、歪な性質の人物。

思想と行動、自分の命すら敬愛するヒルダのためのものと定めており、

その価値観が彼女の非情な人格を形作っている。


ユニットとして編集

飛行移動で一気に距離を詰めてくるため、高低差のあるマップほど動きが読みにくい。

自傷ダメージを伴うスキルと、減少したHPに応じて威力を増すスキルのコンボが主力。

耐久力が低く、福音使徒の中ではまだ戦いやすい相手ではあるが、

ターンの回りが早く、カウンターも仕掛けてくるので出血を強いられる相手。


別名・表記ゆれ編集

ドロシー


関連タグ編集

イメージエポック ステラグロウ

ヒルダ ダンテ ルドルフ


















ストーリー後半のネタバレ編集


「ドロシーが欠片になるまでついてく。どこまでもずーっといっしょ」

プロフィール編集

所属福音使徒 幹部
出身シリル村
年齢11歳
クラス福音使徒
趣味観察(対象は主に自分の敵)
好きなもの可愛いもの全般
苦手なものコミュニケーション
CV種﨑敦美

福音使徒の計画が阻止され、頭首のヒルダがアルトたちに投降し騎士団傘下となったことで他の幹部ともども仲間に加わった。

福音使徒となる前は村でいじめに遭っており、ヒルダの堕歌によって自分を虐めていた相手が結晶化させられたことが転機となる。

この時を境に自分が世界で一番怖いモノになる決意をする。誰も自分を虐めることのできない、憎まれる存在になるために。

「捨てられたニンゲンは人形である」という考え方はこのいじめが元になっており、孤立し、後にヒルダのモノになった自分自身もまた人形であるとしている。


福音使徒となった後、戦いの中で育っていったがために他者との普通のコミュニケーションができずにいる。

もっと言えば、ヒルダ以外の人間に心を開くこと自体に大きな躊躇いをもっている。

ヒルダ自身もドロシーが人間らしい素行や感性学ばせることができなかったことを悔やんでおり、その負債がアルトに圧しかかっていることをアルト本人に謝罪している。


上記の経験故か、フードを深く被っている。

そのため顔の上部が他人からは見えないが、同時に彼女自身も相手の顔をまじまじと見ることはできない。

福音使徒全体で見ると彼女の格好は随分と可愛げがあるが、このフード服はダンテが製作した防寒着に彼女自身でデコったもの。


重度の甘党であり、牛乳を飲むのにすら大量の砂糖を入れなければ飲めないほど。

その一方で辛い物も問題なく食べられる。素材の味が苦手なのかもしれない。


年齢以上に幼い点もあるためか、マリーやその友人のレナとは気が合うようだ。もっとも、本人は気恥ずかしさからか肯定はしないのだが。


余談編集

福音使徒として敵対時に使役していた『デクリン』という自立人形は雑兵やデコイとして幅広く利用されていた。

主であるドロシーの専用装備である『兎刀・ドロシー』はデクリンに夜なべさせて作られた武器であり、最大の物理攻撃力を誇る。

関連記事

親記事

ステラグロウ すてらぐろう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 35759

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました