ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ドール王国

どーるおうこく

『映画ハピネスチャージプリキュア 人形の国のバレリーナ』の舞台となる、人形たちの国。
目次 [非表示]

概要編集

命を持つ人形たちが楽しく暮らす人形の楽園。

しかし最近は他の国々と同じように幻影帝国の魔の手が伸びてきており、幹部の一人ブラックファングサイアークを使って侵略を行っている。

王国の住人であるバレエ人形のつむぎがハピネスチャージプリキュアに助けを求めてきたところから物語は始まる。


王国は西洋のおとぎ話に出てくる城下町のようで、訪れたプリキュアたちは大変な歓待を受け舞踏会にも招待された。城にはジーク王子が住んでおり、彼がこの王国の代表としてふるまっている。


どんな地図にも載っていない不思議な国。それどころか地球の神であるブルーさえも聞いたことがないらしく・・・?


関連タグ編集

ハピネスチャージプリキュア! 人形の国のバレリーナ

つむぎ(プリキュア) ジーク王子 ブラックファング


真相編集

以下は、物語のネタバレを含みます。


























まずこの王国は地球上に存在するものではなく、次元の狭間に作られた異世界である。はるか上空から俯瞰すると、宇宙空間に浮かぶ巨大な花の中に王国が作られていることがわかる。

ドール王国は、日本に住むつむぎという一人の少女のためだけに作り出された人工世界である。

つむぎは足が動かずバレリーナになる未来を絶たれてあらゆることに絶望していたのだが、そんな彼女にブラックファングが接触。つむぎのための夢の王国としてドール王国を作り出した。

つむぎもここでは足が動くようになり自由に踊れる。王国の住人達もつむぎが持っていた人形である。

ブラックファングはドール王国を支配しようとして襲撃しているのではない。既に支配しているので襲撃自体が自作自演であり、プリキュアをドール王国におびき寄せるための罠だったのである。

つむぎがこの世界に魅入られたと判断したブラックファングは「幻影帝国の幹部である自分はプリキュアと敵対している。私がやられるとこの王国は消えてしまう」と囁き、つむぎはそれを真に受け、彼の計画に協力することになった。

ブラックファングがドール王国を作り出したのは、つむぎが可哀想だと思ってとかでは決してない。

実は、この王国は不幸の心から生まれるエネルギーから出来る。つむぎが現実世界に絶望して不幸だと感じれば感じるほど、現実逃避の世界であるドール王国は夢と希望にあふれた世界となる。

ブラックファングは自分が選んだ人間の絶望と不幸の心を吸収することでパワーアップすることができるため、自分に力を与えることができる少女を閉じ込めておく「鳥かご」として用意されたのがドール王国なのである。そもそも、つむぎの足が動かなくなる病気になったのは実はブラックファングが仕掛けたことだったので、つむぎはブラックファングに最初から利用されていることになる。

人形の楽園などではなく不幸を集める生き地獄と言ったところか。

平和に見えるこの世界そのものがまさに幻影にして、ブラックファングの目的の為につむぎやジーク王子が文字通りの人形にされているのである。タイトルである『人形の国のバレリーナ』の人形の意味が決してメルヘンな意味だけではなく黒い意味での人形である事を物語っている。

王国内の人形達も、ある意味ではつむぎ本人の心の寂しさや孤独感から生まれた架空の友達でもあり、彼女自身の心中の表れとも言える。

なお、つむぎはこの王国内では自分の意思でサイアークを自在に作りだすことができる。その動機や能力からいえば、この王国内でのつむぎは「幻影帝国のドール王国駐在幹部」であるといって差し支えない。

ハートキャッチプリキュア』や『ドキドキプリキュア』を除くプリキュアの劇場版は異世界や異世界の住人を救う事が主な目的だが本作の場合は、自分達の世界や人々を救う為にその異世界を破壊する事が目的となっている。

王国が消滅する際、王国の住人たちは大好きなつむぎが幸福を目指すことを決めたことに祝福を送り、もう二度と動きしゃべることはできなくなる宿命を喜んで受け入れ、ただの人形に戻った。


真相に関連するタグ編集

幻影帝国:「ドール王国を侵略する悪の帝国」に見せかけて、実はドール王国の方が「幻影帝国の従属国」といえる代物だった。

関連記事

親記事

人形の国のバレリーナ にんぎょうのくにのばれりーな

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1974

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました