ピクシブ百科事典

バトムンフ・バトバヤル

ばとむんふばとばやる

バトムンフ・バトバヤルとは漫画『火ノ丸相撲』の登場人物。鳥取白楼高校一年。
目次[非表示]

「勝たなきゃこの国
 
 俺の居場所はねぇ!」

プロフィール

CV大河元気
身長181㎝
体重100㎏
誕生日5月10日
血液型AB型
相撲四つ相撲(モンゴル相撲の多彩な組み技が得意)
所属鳥取白楼高校1年→柴木山部屋
四股名白狼昇(はくろう しょう)
修羅の相
二枚蹴り・狼牙
エフェクト


概要

漫画『火ノ丸相撲』の登場人物。鳥取白楼高校一年生の相撲部員でモンゴルからの留学生。通称バト
「外国人力士は一部屋につき一人まで」という規則があるため、インターハイを自分の実力を角界に売り込むための就職活動の場所だと捉えている。ハングリー精神が強く、不遜にも見える言動はその裏返し。先輩後輩の上下関係などにも当初は反発していたが、主将・天王寺獅童との取り組みを通じて、いくらか素直になる。特に天王寺のことは「アニキ」と呼び慕うように。

天王寺の妹・天王寺咲とは何かと一緒にいることが多い。

柴木山のファンで、卒業後は柴木山部屋へと入門。高校時代から「遊びじゃない奴の一人」としてリスペクトしていた潮火ノ丸の元で稽古をしている。四股名の「白狼」は彼のイメージアニマルである狼と、出身校「白楼」の両方にかかっているのかもしれない。

関連タグ

火ノ丸相撲 
天王寺獅童 鳥取白楼 五條佑真
モンゴル 色黒 

外部リンク

バトムンフ・バトバヤル|アニメ「火ノ丸相撲」公式サイト

pixivに投稿された作品 pixivで「バトムンフ・バトバヤル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2167

コメント