ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

ヤマハ発動機が発売していた原付スクーター


初代

1977年発売。

1968年に生産終了した富士重工業ラビット以来となる国産スクーターであった。

スカートを履いた女性でも気軽に乗れるよう、ステップを完全にフラットにしたステップスルー構造としている。


ステップスルー、レッグシールド、ユニットスイング(エンジンと駆動系が一体になったスイングアーム)といった構造は、その後メーカー問わずスクーターの標準となった。

現代のスクーターの基礎を築いた車種と言える。


テレビCMには八千草薫を起用。

その斬新なパッケージングと、69,800円という低価格から大ヒット。

ライバルであったホンダロードパルを凌ぐ売り上げを記録した。


ここからホンダとの競争意識が過熱し、HY戦争へと突入していく事になる。


二代目

ヤマハ パッソル

2002年発売。

ヤマハ初の電動スクーターとして復活した。

初代とは名前以外の共通点は無い。


当時は技術がまだまだ未熟であり、最高速度30km/hでありながら32kmしか走れない事と車体価格の高さがネックとなりヒットとはならなかった。

更に、使用するバッテリーリコール問題が発生したことで、2007年に生産終了。


余談

尾崎豊が歌った『15の夜』の有名な歌詞「盗んだバイクで走り出す」の盗んだバイクとはこのパッソルの事である。

尾崎のイメージから、400ccくらいの立派なバイクを想像していた人が多かっただけに、今でも意外性の高い逸話として語られている。


関連項目

ヤマハ発動機 YAMAHA 原付 スクーター バイク 尾崎豊

関連記事

親記事

ヤマハ発動機 やまははつどうき

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2321

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました