ピクシブ百科事典

パリの散歩道

ぱりのさんぽみち

ゲイリー・ムーアの楽曲。を用いた羽生結弦のショートプログラムの呼称。
目次[非表示]

「パリの散歩道」(原題:Parisienne Walkways)略称「パリ散」。
北アイルランドのギタリスト、ゲイリー・ムーアの楽曲である。

羽生結弦金メダルを獲得したソチオリンピックにおいて、当時の世界歴代最高得点となる101.45点を叩き出し、ギネス登録されたショートプログラムの使用曲として広く再注目を集めた。
pixivではほぼ100%この羽生のプログラムを指すタグである。
衣装の色に因み、2012-13シーズンは「黒パリ」、2013-14シーズンは「青パリ」と呼ばれることもある。

羽生結弦の「パリの散歩道」

2012-2013シーズンはGPシリーズのスケートアメリカ、NHK杯で立て続けにSP歴代最高得点を更新した。
2013-2014シーズンの12月、GPファイナルで99.84点を獲得。
ソチオリンピックでは史上初の100点越えとなる101.45点を獲得。
このようにワールドレコードを塗り替えてきたプログラムであり、織田信成曰く「散歩道というより高速道路」。
振付はジェフリー・バトルが手掛けている。



決めポーズのランジ(通称「」「へーグル」「へランジ」)、拳を突き上げるフィニッシュポーズが特に有名。
久保ミツロウが出演していた某TV番組では、「」ではあんまりなので、この決めポーズを「ハニューフラッシュ」と呼ぼうと推奨していた。

パリの散歩道
\ハニューフラッシュ/



他にも前方を両手で指をさす手の形から「ピストルポーズ」と称する人がいたり、単に「羽生くんポーズ」と呼ぶ人もいたり、これという呼称が定まることはなかった。
なおこのポーズは2013-14シーズンより取り入れている。

関連イラスト

羽生結弦くんを描いてみた
Doughnut spin


がんばれ
羽生くん詰め



関連タグ

洋楽 羽生結弦 

pixivに投稿された作品 pixivで「パリの散歩道」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 58333

コメント