ピクシブ百科事典

ビートニク

びーとにく

1950年代から1960年代にかけ、アメリカ合衆国の文学界で異彩を放ったグループ、あるいはその活動。ビート・ジェネレーション。

1950年代から1960年代にかけ、アメリカ合衆国の文学界で異彩を放ったグループ、あるいはその活動。ビート・ジェネレーション
抑圧的で非人間的な社会体制と、それに安住しようとする保守的で中産階級的な価値観に反逆し、人間性の無条件な解放を求める。

1951年にジャック・ケルアックが出版した小説「路上」は、パルプフィクション作家L・ロン・ハバードの「着想を得たならば、それを逃がしてはいけない」「一度書き出したならば、決してタイプを止めてはならない」というアドバイスに従い、即興的躍動感のある特異な文体で書かれ、ヒッピー世代に熱狂的に支持された。
小説「裸のランチ」(1959年)で知られるウィリアム・バロウズ、詩集「吠える」(1956年)で知られるアレン・ギンズバーグらと交友関係が深く、ケルアックは自分たちを「ビートニク」、「ビート・ジェネレーション」と称した。
ポエトリーリーディングを盛んに行い、特にギンズバーグは朗読の名手だった。

関連記事

親記事

文学 ぶんがく

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ビートニク」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 20

コメント