ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

概要編集

両生綱有尾目イモリ科サラマンドラ属のイモリの一種で、別名はマダラサラマンドラ、ヨーロッパサラマンダー


ヨーロッパの広い地域に分布しているため、たくさんの亜種が知られており、伝承に登場する火の精霊サラマンダーのモデルは本種であるといわれている。


ずんぐりとした黒い体に黄色や赤、オレンジ色の縞模様や斑を持ち、全長15~25㎝ほどに育つが、まれに30㎝を超える個体もいる。

毒々しい身体の模様は警戒色であり、後頭部と背中の正中線に有尾類最大であるという2列の毒腺を持ち、外敵に襲われそうになると、光の加減によっては炎のようにも見える乳白色の毒液を噴射する。(そのため乳白色の液体=牛乳と連想され、サラマンダーの火は牛乳でしか消せないといわれたり、盗み飲んでしまうなどの伝承がある。)


この毒は刺激性がある神経毒で、中毒すると過呼吸を伴った筋肉の痙攣と高血圧を引き起こす。

そのため成熟したこの生物の天敵はほとんど存在しないが、幼体のときには毒腺がないために肉食昆虫や、肉食魚の餌になってしまうのだという。

関連タグ編集

両生類 イモリ サラマンダー  危険生物

関連記事

親記事

イモリ上科 いもりじょうか

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 760

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました