ピクシブ百科事典

ブラックノーズ

ぶらっくのーず

私はお前のお母様なんかじゃない!!
目次[非表示]

概要

映画『それいけ!アンパンマン ブラックノーズと魔法の歌』に悪役として登場する巨大な魔女
声優は野沢雅子
闇の女王とも呼ばれている(TVアニメ版のやみの女王とは別人だが、種族的な関係があるのかは不明)
昔は真っ暗な地上に暮らしていたが、ある時地上に自身の嫌う明るさや幸せを持ちこむ者達が現れ出し、どう言う経緯かは不明だが深い谷の底に封じられ、身動きが取れなくなっていた。
そして、嵐の日の夜に迷い込んできたひな鳥を「娘」として、カーナと名付け育てる。その間、歌やダンス、美味しいものなどの楽しさは間違いだと刷り込んでいた。
そして十分な時期に達したところで、カーナに「暗闇の笛」を持たせ、地上に送り込み、人々の希望を奪おうとする。
しかし、カーナがアンパンマンメロンパンナと接し疑いをもちはじめたため、希望を奪う作業に遅れが出だす。そんな折、ばいきんまんの提案で彼女に最後に笛を吹かせ、その音符をだだんだんで強化、世界中に振りまくことにより復活し、巨大な姿で地上に現れ(その際、自身がカーナを拾い、育てた目的を明かしている)自分がいた頃のような暗闇の世界に変えようと暴れはじめる。

トリプルパンチが効かないほどの強さと、ジャムおじさんたちまでヒヨコに変える光線などで町を滅茶苦茶にしたが、メロンパンナと共に、覚醒したカーナが先導する「アンパンマンのマーチ」で苦しみ、本気のアンパンチを食らい、怪鳥の正体を現して粉々になった。

余談

ブラックノーズがいた頃の地上の様子が回想で語られているが、その時の様子は若干の差異があるものの「いのちの星のドーリィ」でミミ先生の口から語られたような岩だらけな場所であった。
このことから、いのちの星がアンパンマンワールドに降り注ぐ以前の時代の住人だったと推測されるが、これ以上の描写がないので真偽は不明である。

関連タグ

カーナ
シチューおばさん

pixivに投稿された作品 pixivで「ブラックノーズ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3252

コメント