ピクシブ百科事典

ヘビクイワシ(けものフレンズ)

へびくいわし

『けものフレンズ』の登場キャラクター(メイン画像は旧デザイン)。
目次[非表示]

概要

CV:村川梨衣(NEXONアプリ版)/上杉華子(セガゲーム版)
演:タマキ(3期舞台版)

飾り羽と長い脚が特徴のヘビクイワシフレンズ

白い軍服のような格好に黒タイツ、ピンク色のブーツを着用。目には赤縁メガネをかけている。

ヘビクイワシちゃん


東武動物公園とのコラボで再登場した時はデザインが変更され、燕尾服のように後ろ側の丈が長い白シャツに黒のズボン、金縁メガネといった姿で、他の猛禽類のフレンズ達と同様の軍人のような格好とは打って変わってインテリ派の知識人といった風貌へと様変わりした。

NEXONアプリ版

書記官鳥と呼ばれる生粋の書記、ヘビクイワシでございます。
わたくしは会議を円滑に進める為に、ときには蹴り飛ばすこともいとわないでしょう。
わたしくの気になったものの中で、残すべきを記録していきたいと考えているのです。
書記官鳥として当然でありましょう。

クールビューティーな雰囲気を醸し出すキャリアウーマンで、有事の際は書記官としての技能を発揮する。
が、会議を円滑に進める為には得意の蹴りを容赦なく入れるなど、丁寧な口調とは裏腹に暴力的な一面も(戦闘でも蹴り技を主体に戦う)。
さらに能力が強化されると喜びのあまり試し撃ちならぬ試し蹴りをかまそうとするなど、危なっかしい所がある。

ゲーム内では図書館読破スカウトでクロテンヒラコテリウムヘルベンダーと共に実装された。
レアリティ☆5のクール属性。
攻撃タイプは近距離型。
グループは無所属。
スキルは先頭の敵1体に攻撃力の9倍ダメージを与える「記憶より記録に残る蹴り」。

3期舞台版

リメイク後デザインでの登場は本作が初となる。
NEXON版同様に書記係としての真面目な性格をしている。
また、相手を睨むばかりでほとんど口を開かないハシビロコウの代弁者でもある。
サバンナ生まれのフレンズで構成された「チームサバンナ」のメンバーだったが、突如として空を飛べるフレンズで構成された「トリの軍団」へと転向。オカピら陸のフレンズ達と対立する事になる。

ブシモアプリ版

わたくしはこの羽ペンで何でも記録していきますわよ。
いろいろな記録を見るのも好きだから、図書館には興味ありますの。
でも引きこもってばかりではなくって、狩りごっこも得意ですの。
蹴りだすとこう…止まらないというか…(ダムッ!ダムッ!)
…ウフ…ウフフフフ……

2020年9月16日より観察可能になった。
ゲーム媒体において新デザインでの登場は本作が初。
大まかな設定はNEXON時代とさほど変わらない真面目系な一方で、足癖の悪さも相変わらず。
なお、二人称には君付けを用いる。

珍しい行動は「トン、トン、トン!」。「トントンDIYセット」で披露する。
おもちゃの工具セットの机上に並ぶ杭を足で踏み付けて押し込んでいくが、全て押し込んだかと思えば杭が一気に元に戻る。

セガゲーム版

アプリ版

性格はNEXON時代のものに近く、あらゆる物事を全て記録に留める事を常としている。
一方で普段は抑えているものの足癖の悪さも健在で、ひとたび足が出ると高笑いをあげながら相手を蹴り続けるという恐ろしい一面も。
さらにヘビのフレンズを目にするとウズウズしてくるんだとか……

初登場は下記イベントのシナリオ。
アンインチホーのジャングルで発生した幽霊騒動を調査するサーバル達と出会い、それに協力する途中でキレイな音を出す不思議な石の正体を調べているオオミミギツネにも手を貸していく。

ゲーム内では期間限定イベント「不思議な音と、オオきなミミの大冒険」開催中に実装された後半しょうたいより登場。
初期けも級は☆4。属性はラブリー。

とくせい手の内はお見通しどく状態にならない&アクティブ属性の敵の与ダメージ10%減少
キセキとくせい不届き者にはお仕置き与ダメージ15%増加&アクティブ属性の敵の被ダメージ5%増加
たいきスキル記録させていただきましょう2ターン与ダメージと攻撃命中率20%増加&アクティブ属性の敵のかいひ増加状態解除
とくいわざ優雅なる蹴撃敵単体に120%のダメージ
けものミラクルすべては記録のためにキーック!敵単体に大ダメージ+対象がアクティブ属性の場合、高確率で1ターンくらくら状態

アーケード版

現時点でユニット実装されておらず、スキルカードにも姿は確認されていない。

関連タグ

けものフレンズ ワシ(けものフレンズ)
ヘビクイワシ
リデザフレンズ

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ヘビクイワシ(けものフレンズ)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 149037

コメント