ピクシブ百科事典

ベルヘス

べるへす

『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』に登場する、ベル・クラネルとヘスティアのカップリング。
目次[非表示]

注意事項

このタグは本編での関係性から生まれた物であり、完全な公式ではないので注意が必要。

概要

この二人の関係はファミリアの主神とその子供である。

ベルが彼女に向ける好意は親愛だが、ヘスティアが彼に向ける好意は恋愛感情そのものである。
普通のファミリアにおいて子供が主神に恋愛感情を向ける事は珍しい事ではないが、逆に主神が子供に恋愛感情を向けるのは稀なケースである。

周囲から見向きもされなかった環境で初めて「家族」になった事、その感動がヘスティアの「人と神の境を越えてでも相思相愛になりたい」と言う思いに繋がっている。
その思いの強さ故に彼が異性を引き寄せてしまう事を危惧し、神のプレッシャーを持って牽制している。
しかし、それでも毎回異性を引き寄せる事に諦めがついたのか、それ(異性を引き寄せる)も「彼の魅力」だとして前向きに受け入れている。

一方のベルは彼女に対して親愛を持って接しているが、過去二度に渡る「家族の喪失」を味わい家族の愛に飢えている彼にとっては、恋人関係になる事で「家族」としての繋がりが薄れるのではと無意識に思っているのか、彼女の積極的なアピールには鈍感である。

最後に

第5巻においてヘスティアはヘルメスとの会話である人物の生存を知り、ヘルメスを使い走りに出来るほどの存在である事からその正体をおおよそ把握し、そこからベルの出生についてある程度考察している。
それが今後どのような結果をもたらすのかは不明である。

関連イラスト

ベルと おっぱいかみさま
乳神さまは「き」が書けない



関連項目

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか NL
ベル・クラネル ヘスティア(ダンまち) ヘスティア・ファミリア

ブルめぐ…「主人公である人間の少女が、男神に恋愛感情を向ける」という、ベルヘスと対照的なカップリング。

pixivに投稿された作品 pixivで「ベルヘス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 734880

コメント