ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要トントン編集

1983年10月2日から1984年8月26日までフジテレビ系で放送された『東映不思議コメディーシリーズ』の第三弾。全46話+スペシャル1話。

ロボットが主役だった前二作とは異なり、放送の前年に流行したE.T.に着想を得て主人公が宇宙生物となっている。

前二作では脚本家交代制だったが、今作ではシナリオを全話浦沢義雄が手がけ、いよいよやりたい放題を開始。レギュラーメンバーの一人(小学生)が同性愛者だったり、無生物(コンピュータ寿司等)が人格を持ったりと、シュールな物語が展開されていてる。


主題歌トントン編集

オープニングテーマ「ペットントン」

作詞:森雪之丞 / 作曲:網倉一也 / 編曲:川上了 / 歌:アイ高野

エンディングテーマ「一度だけの魔法」

作詞:森雪之丞 / 作曲:網倉一也 / 編曲:川上了 / 歌:小林綾子、ヤング・フレッシュ


余談トントン編集

  • 平均視聴率は16%と絶好調で、同時期のメタルヒーローや戦隊を上回っている。本作の成功により東映不思議コメディ―は前作までのロボットではなく不思議な生物を主人公とする路線がこの後も続いた。
  • エンディング映像は美ヶ原高原美術館と白樺高原ホテルの協力で撮影され、愛のモニュメントなどが映っている。
  • エンディングテーマを歌っているのは「おしん」で子供時代の主人公を演じた小林綾子
  • フジテレビの人気番組『笑っていいとも!』で当時流行っていたフレーズに引っ掛けた「友達の輪」という劇中アイテムが登場している。
  • 高視聴率にも拘らず、編成上の都合で放送期間が予定より1ヶ月短縮したのが唯一惜しまれる点と言える。ただし最終回の翌日に月曜ドラマランド枠で香港ロケの新作のスペシャル版が放送され小林がゲスト出演している。

影響トントン編集

ペットントンは主要な視聴者である子供たちにも人気であり、膝を曲げ洋服の上着を足元まで引き下げて真似をする遊びが当時流行した。


関連タグトントン編集

 宇宙人

関連記事

親記事

東映不思議コメディーシリーズ とうえいふしぎこめでぃーしりーず

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 101842

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました