ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

ロボット8ちゃん』の好評を受けて製作されたシリーズ第2作。全51話。
前作でサブライターだった浦沢義雄は今作から初めてメインライターとなり、何でもありのシュールな物語に拍車をかけた。ただし物語の節目などの重要回はもう一人のメインライターである山崎晴哉がほとんど担当している。

不思議コメディシリーズでは唯一劇場版が制作されたが、この劇場版は後にTVシリーズ内で放送されることを前提に制作されており、実際に第46話として放送された。(これは同時上映の『科学戦隊ダイナマン』も同様)

物語

マンマル星から他の星に正義の味方として派遣されるはずだったロボットのロボ丸は間違って地球に来てしまい、海野ナナコの打ったホームランボールがおなかのバッテンにあたってカリントニュータウンに墜落してしまう。
かくてロボ丸はナナコの家である海野写真館の隣に自宅兼UFOの「バッテンソーサー」をおいてカリントニュータウンに住むことになり、正義の味方として活躍するつもりが騒動を引き起こしたり巻き込まれたりの日々を送ることになる。

登場人物

バッテンロボ丸(ロボ丸)
CV:曽我町子
マンマル星からやって来た宇宙ロボット。自称:正義の味方だがそそっかしく、いつも騒動を起こしてしまう。
状況や感情によって「○○トップ」(モリモリトップやビービートップなど)という顔の形状を変化させる能力を持ち、形状によって能力を発揮させる機能を備える。

へその×の形をした部分は外してバッテン棒という武器に変化する。(同時に弱点でもある)
口癖は「フンガロ」とキメ台詞のつもりで使う「そこんとこヨロシク」。

ネクラゲ
CV:上田敏也
ロボ丸と一緒にやって来たクラゲ型宇宙生物でロボ丸の親友・・・のはずだが、しばしばロボ丸が不利になる発言をする。

海野ナナコ(うんのななこ)
本作のヒロインでロボ丸のストッパー的存在。

関連記事

親記事

東映不思議コメディーシリーズ とうえいふしぎこめでぃーしりーず

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「バッテンロボ丸」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7487

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました