ピクシブ百科事典

ペラゴルニス

ぺらごるにす

鳥綱ペリカン目ペラゴルニス科ペラゴルニス属に分類される大昔の海鳥の総称。
目次[非表示]

概要

学名の意味は「遠洋の鳥」。
全長1.5m、翼開長5.2m、体重16~29㎏。
食べ物は等。
生息年代は中新世前期~後期。

特徴

約700万年前の地層から発見された、史上最大級の飛翔する海鳥の一種である。翼開長は少なくとも5.2mあったと推定されている。一方、体重はその大きさに比べて非常に軽く、16~29㎏しかなかったと考えられている。この体重は、現生のアホウドリ等とあまり変わらない。ペラゴルニスはペリカン目鳥類に属し、それに代表されるペラゴルニス科の特徴は、上下のに見られる骨質である。このギザギザの歯は、祖先である恐竜等に見られるエナメル質で覆われた歯と異なり、本当の歯ではない。

関連タグ

鳥類 海鳥 ペリカン目

関連記事

親記事

ペリカン目 ぺりかんもく

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ペラゴルニス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 70

コメント