2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

ホッキョクグマ(テイコウペンギン)

ほっきょくぐま

Twitterで連載されている「とりのささみ。」の漫画「テイコウペンギン」及び、漫画をベースにした同名のYouTube動画に登場するキャラクター。(メイン画像の中央の白い動物)
目次[非表示]

概要

パンダの動物園時代の先輩。
現在はスタントマンとして活動している。

動物象

一人称は「私」で、穏やかな性格だが、極度のネガティブシンキングの持ち主であり声も小さくなりがちで、ふとしたことで過剰に自分を責めてしまう面倒臭い人(?)物。基本的には大人しくテイコウペンギンの動画の登場キャラクターどころかplottアニメの中でも有数の常識の有るマトモなキャラクターと評価しても過言ではないが本気で怒らせると実力行使に出る事もあり、その際には地上最強の肉食獣の名に恥じない程の強さを発揮する。その身体能力はパンダを上回り特に上司に容赦が無い。

経歴

元々は目立つことが苦手で、動物園時代は「一歩も動かないシロクマ」として有名だったが、本人曰く黒歴史らしい。
彼が動かなかったのは、周りの目や印象が気になるからであった。
そんなある日、何故か他人が見えなくなるという怪現象に見舞われる。
始めは怯えていたものの、徐々に慣れ始めて今まではできなかったことに挑戦できるようになり、それにともなって動物園の一躍人気者となった。
しかし、それを妬んだパンダの策略によって檻の外に出てしまい、来客の子供を無自覚に襲った為に動物園をやめざるをえなくなってしまった。(本人はパンダが犯人だと気づいていない)
後輩思いな面もあるが、パンダからそこを付け込まれることもしばしばある。

動物関係

ペンギンとはパンダを通じて知り合った。彼同様にシャチが天敵であるが、ペンギンの介入も有り「某企画」の社員のシャチとはコミュニケーションを取れるようになった。

余談

とりのささみ。」氏の漫画「N極物語」にもホッキョクグマをモデルにした熊が登場していて
テイコウペンギンの動画のホッキョクグマとは違う容姿だが、とりのささみ。氏がTwitterにてペンギンとパンダのデザインだけ提供し他のキャラクターデザインはYouTubeアニメを製作しているPlottに任せているとツイートしている。

モデルは恐らくパンダのそれを塗り直した上で使い回していると推測される。

関連タグ

テイコウペンギン スタントマン
仮面ライダーシロー仮面ライダーダパーン:こっちは逆にシロクマからパンダになった事例。

関連記事

親記事

テイコウペンギンの登場キャラクター一覧 ていこうぺんぎんのとうじょうきゃらくたーいちらん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ホッキョクグマ(テイコウペンギン)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4881

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました