ピクシブ百科事典

ペンギン(テイコウペンギン)

ぺんぎん

Twitterで連載されている「とりのささみ。」の漫画「テイコウペンギン」及び、漫画をベースにした同名のYouTube動画の主人公
目次[非表示]

「ペチペチ」
「ずっと続くなんてしんどい。定時がないなんて最悪だ」


概要

Twitterで連載されている漫画「テイコウペンギン」及び、それをベースにした同名のYouTube動画の主人公(以下、前者を漫画版、後者を動画版と記載する。)
誕生日は11月23日。
作品名から勘違いしやすいが品種はコウテイペンギンではなくアデリーペンギンである(漫画版単行本「テイコウペンギン」or動画版「サイコパスなパワハラ上司の見分け方と対処法」参照)が
動画版では公式Twitterのプレゼント企画で紹介された等身大ぬいぐるみの全長が1メートルだったことからコウテイペンギンに迫るほどの長身である。
株式会社「某企画」面倒な仕事ふられがち部やってられる課所属。
勤めている会社「某企画」は典型的どころか法律的にアウトな事をこれでもかとばかりにやらかしているブラック中のブラック企業で、そこで出くわす上司やクレーマーからの理不尽な要求や苦情にサラリと毒を吐く。

漫画版

動物像

コミカルな性格でにわとりやひよこに突っ込まれるボケ役の回も少なくない。

動物関係

友人のにわとり曰く動物園からエスカレーター式で人間社会に進出したとのことでオフィスでクレーマーや上司に毒舌を吐く、もしくはボケ倒したのち、しらばっくれる事が多く残業や休日出勤も多い
上司が動画版よりは無茶苦茶な人間ではなく姉妹チャンネルの別の人間キャラクターぐらいには常識と可愛げの有る部分も持ち合わせており(ただし本人も自覚しているくらいに仕事は出来ない模様)
カラスコアリクイ等の常識人やにわとり、ひよこ等の明確な味方が居るので動画版よりは職場環境や私生活は良く休みも動画版よりは与えられているのが描写されている。
にわとりと同居しているひよこには「しろくろ」と呼ばれ懐かれている。

好物

生魚及び魚介類全般が好物だが、にわとりの料理を気に入っており、自宅代わりにするレベルでちょくちょく寄っている。
寿司はシャリ抜き、ピザはシーフードの具だけを要求したことがあり、後者は上司が残りの具なしピザを引き受ける発言を店員にしフォローする描写も有った。

動画版

動物像

こちらは回によって動物園からエスカレーター、大学(回によっては中学)を卒業してから就職とバラバラになっている。
必ずと言っていいレベルで上司や同僚のパンダや後輩のシャチに振り回され漫画版と違いにわとりやひよこなどの明確な味方や常識人がほどんど登場しない(強いていえば作中ならホッキョクグマ、コラボ回を含めても閻魔ちゃんの財賀零士ぐらいである)ため、漫画版よりも苦労人(ペンギン)気質が色濃くなっていると同時に非常に博識な説明役であり質実剛健でお堅い性格とおもいきや
「花粉が謝罪会見をしたらどうなるのか?」や「アイドルヲタクになってわかったこと」のエピソードでは、かなりはっちゃけており
「【総集編】超名作揃い!テイコウペンギン〜 躍進〜【Part2】」で触れられたときに「黒歴史」と嫌がっていた。
主人公だけあって、作中では最も良識と温情のあるキャラクターではあるが「氷河期が来るとどうなるのか?」や「海底都市は実在するのか…?」では人類に失望し殲滅させようとする意志を見せており、後者に至っては某企画を「無能ばかりの会社だ」と吐き捨てパンダの命すら平気で狙う怖いエピソードの1つである。

能力

一社員としては非常に優秀である。それどころか閻魔ちゃんコラボ回では生涯収入がトップクラスの企業の採用試験でトップになる程。しかし動物を雇ってくれる会社が少ないので「某企画」から中々解放されない、たまに「某企画」に勤務しておらず弁護士や医者など別の職に就いていて登場する話も有る。そこで「某企画」について別の形で関わる事も多い(パンダが依頼人や患者、自分のパラレルワールドについて考える等)がその際はロクでもない会社等と評するのがお約束。「人生がレベル制になるとどうなるのか?」の回ではペチペチオフィスという会社を立ち上げていて事業は順調でありホスト回や殴られ屋の回でも成功を収めていて、ぶっちゃけ多くの回で某企画の社員に甘んじているのはチャンネル存続が絡んだ大人の事情なのかもしれない
上司からは大量の仕事を割り振られ、パンダからは仕事を押し付けられ、さらにシャチの仕事のミスのフォローまでさせられるなど、定時で帰宅など夢物語といわんばかりの過酷な労働環境にある。だが責任感が強く世話焼きな性格なので、文句を言いつつも結局は無茶なスケジュールを引き受けて仕事を黙々とこなすなど、ワーカホリックの傾向にある。(本人は我慢も立派なテイコウという信念を持っている)
とはいえ我慢の限度を超える程の理不尽な扱いを受ければきっちりと反抗する。
ただし、1度だけエイプリルフール限定ネタとしてペンギンが一切抵抗しない回が制作されたこともあり、その回は「ゲイゴウ(迎合)ペンギン」と命名された。
「地獄で閻魔に裁かれるとどうなるのか?」のエピソードで週休1日、平均労働時間10時間、休憩無し、月給16万(26日×10時間=260時間で時給換算すると約615円で販売店員などのバイトをした方がマシ)の獄卒の仕事を「「某企画」の数倍ホワイトじゃないか!」と口走った事から、獄卒より労働時間は長く月給も遥かに低い事が窺える一方で、自家用車で通勤している途中で過労による注意力低下が原因で事故を起こすエピソードも有る。

動物関係

上司やパンダには当たり前のように振り回され一方的に陥れられるだけの話も存在する。しかしパンダとは上司相手や目的の為に団結する回も多い。
シャチに関しては本来は天敵であり怖がったりすることも多いが、助けられた時は素直に感謝を述べ、女子(シャチ子)として登場した際は恋愛対象の範疇に入り死別する展開のエピソードでは死後も一途に想い続けた。
ホッキョクグマに関してはネガティブな面を除いては好感と敬意を持って接することが多い。

関連イラスト

テイペンFA
ペチペチペンギン


テイコウペンギン
テイコウペンギン ファンアート



関連タグ

とりのささみ。 漫画 YouTube

Plottの看板主人公
カゲチヨ
フラグちゃん
閻魔エマ
キリン(秘密結社ヤルミナティー)
ブラック(ブラックチャンネル)

財賀零士
姉妹チャンネルの主人公の一人。アニメ版のペンギンをほぼそのまま擬人化したような人物像である。
パンダとの関係も彼とエマの関係に酷似している。
コラボ回でも意気投合している。
また彼も生前は某企画で働いていた。

外部リンク

pixivの作者プロフ
twitterアカウント
YouTubeチャンネル




















ネタバレ(漫画版)

人間の言葉を覚えるきっかけになったのはペンギンが動物園で生活してる頃に度々訪れていた上司の声かけでありアデリーペンギン達に園を追い出される原因にもなった。
追い出されて数日後に上司と再会し言葉の取得の経緯を聞いて申し訳ない表情をした上司に遅かれ早かれ人間の言葉を覚えていただろうと話し人間社会での仕事を探すと去っていき後に同僚となった。(作中で民間企業に勤めることになった初の動物)

ネタバレ(動画版)

「突然変異が起きるとどうなるのか?」のエピソードでペンギンの過去が描かれた。
こちらでも産まれた時から人間の言語を使えた訳ではなく、動物園のペンギン社会で生きることに違和感を覚えたとともに人間の世界に憧れ、独学で覚えていくうちに他のペンギン達に気味悪がられ脱出し見せ物小屋のおしゃべりペンギン→「某企画」の社員としての経歴を辿った。
但し、質問コーナーではこの出来事はあくまでパラレルワールドの一つである事が触れられているため、他の世界線によってはないことになっている。

関連記事

親記事

テイコウペンギンの登場キャラクター一覧 ていこうぺんぎんのとうじょうきゃらくたーいちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ペンギン(テイコウペンギン)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 276962

コメント