ピクシブ百科事典

ホフゴブリン

ほふごぶりん

ホフゴブリンとは、東方Projectの書籍作品『東方茨歌仙』に登場するキャラクター。ファンタジー世界的には「ホブゴブリン」と呼ぶべきだが、なぜかこう呼ばれている。
目次[非表示]

概要

東方茨歌仙第14話「人間に好かれる妖怪」に登場した。

外の世界の人々からの要請により外の世界へと出て行ってしまった座敷童の代わりに、八雲紫が外の世界から呼び寄せた。
その外見とは裏腹に、善良で働き者なのだが、愛らしい外見の座敷童を見慣れている幻想郷住民は拒否反応を起こしてしまう。
そしてついには博麗霊夢茨華仙茨木華扇)の手によって退治されてしまう。
しかしホフゴブリンは全滅したわけではなく、紅魔館によって拾い雇われ、レミリア・スカーレットの元で働く道を選んでいる。

本編でわりとひどい目に遭っているからか、二次創作ではそうした本編でのひどい扱いの憂さ晴らしをするかのように、周りの者たちに逆襲するような内容のものもある。

ちなみに、本当なら「ホブゴブリン」と呼ばれるべきなのだが、本編では一貫して「ホフゴブリン」と呼ばれている。

関連イラスト

茨歌仙14話的な何か。
レミホフ



関連タグ

東方Project 東方茨歌仙 紅魔館
ゴブリン ホブゴブリン

関連記事

親記事

東方茨歌仙 とうほういばらかせん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ホフゴブリン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 535989

コメント