2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

MCUスパイダーマンピーター・パーカーが所持しているコスチュームの1つ。
メディアによっては「ホームメイドスーツ」と中黒がない場合での表記も散見される。

ピーターが蜘蛛の力を身に付けた直後に愛用していたコスチュームでその名の通り、手作りのスパイダーマンスーツである。
後述のハイテク・スーツと違ってパーカージャージ等の日用品を組み合わせたものとなっており、ウェブシューターを除けば戦闘服としての性能は皆無でピーターの身体能力で補わなければならない仕様と言える。早い話がただのコスプレ

初登場したのは『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』であるが、同作では投稿動画のみの登場で程なくトニー・スタークから本家でおなじみのデザインのハイテク・スーツを渡された事でお役御免となっていた。
ちなみにハイテク・スーツはトニーが数百万ドルもかけて作ったワンオフかつハイスペックな多機能の強化スーツである。

その後、『スパイダーマン:ホームカミング』の本編後半でピーターがとある理由でハイテク・スーツをトニーに没収された為に再びホームメイド・スーツを着る事となった。

余談

MCU版に限らず、スパイダーマンスーツ自体が様々な媒体では「ピーターが自ら製作したもの」という設定となっており、歴代の実写映画シリーズであるサム・ライミ版や『アメイジング・スパイダーマン』のスーツもピーターの手作りであるが、その大半が現実味に欠ける上に素人では製作困難とも思える高度なクオリティであった。
ただし、サム・ライミ版1作目の序盤ではホームメイド・スーツの先駆けとも呼べるコスチュームが登場していた。

MCU版ピーターを演じたトム・ホランドが2020年に自宅で手作りのスパイダーマンスーツを披露していた。
詳細はこちらを参照

関連イラスト

Homemade Suit
Spidey Homemade suit



関連タグ

MARVEL スパイダーマン ホーム三部作 スパイダーマン:ホームカミング コスプレ
ホームメイドスーツ

キック・アス:こちらは終始コスプレ衣装のMARVELヒーロー。

ブランドン・ブレイヤー:赤の手作りコスチュームを纏ったヒーロー。…になり損なった超人。






























???リンク先、ホーム三部作最終章のネタバレ。

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 17132

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました