ピクシブ百科事典

マグノリア・カーチス

まぐのりあかーちす

ゲーム『アーマード・コア ヴァーディクトデイ』の登場人物。

そいつは「黒い鳥」って呼ばれたらしいわ。何もかもを黒く焼きつくす死を告げる鳥。

人物像

CV:中尾衣里

ファットマンの補佐として、主にオペレーターを務める女性
愛称はマギー。E.G.F.出身。
相棒であるファットマンとは親子程歳が離れているものの、仕事では対等な立場を保っている。
作中の描写とカーチス姓、出身地から、前作の登場人物フランシスカ・バッティ・カーチスの子孫と目される。

傭兵という経歴の持ち主で、当時は蒼いACを駆り「ブルー・マグノリア」の通り名を持つ腕利きの傭兵として名を馳せていた。
しかし、二年前の戦闘で敗北し、負傷。左腕を失い、ACの操縦は不可能となっている。
元傭兵だけあってシニカルで口も悪いが、大人の対応をされて言い返せないと拗ねるといった子供っぽい面もある。
また、死神部隊のリーダー「J」とは因縁浅からぬ間柄である。

傭兵となる前はE.G.F.軍に所属し、類まれなる才能により多大な戦果を上げ昇進コースを進んでいたが、その一方でいかなる危険も任務も退屈に感じるようになった。
一方で報酬の為だけに生きる傭兵を特別な存在として捉えるようになり、ファットマンとの出会いもありE.G.F.から離れて傭兵に転向した。
それ故に彼女にとって「傭兵」そして「戦場」は特別なものとなっており、時折それを奪われた事に対して未練を伺わせる素振りを見せる。

戦場で戦う主人公(=プレイヤー)の力を目の当たりにし、そしてかつての自らの仇である「J」との再会を受け、ファットマンの元を離れて戦場へ再起する事になるが…。

関連項目

アーマード・コア ACVD
ブルー・マグノリア
フランシス・バッティ・カーチス ファットマン

pixivに投稿された作品 pixivで「マグノリア・カーチス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 187746

コメント