ピクシブ百科事典

マナティー・リリック序曲

まなてぃーりりっくじょきょく

ロバート・シェルドン作曲の吹奏楽オリジナル曲。
目次[非表示]

概要

マナティー・リリック序曲(Manatee Lyric Overture)とは、アメリカの作曲家ロバート・シェルドン(Robert Sheldon)の作曲による吹奏楽曲。
作曲者がフロリダ州マナティー郡のシビック・センターのオープンを祝って1985年に委嘱を受けて作曲したもので、作曲者の指揮のもと、同郡の高校選抜バンドによって初演されている。楽曲のグレードは3.5。
楽譜は当初1986年にバーチ・アイランド・プレス(Birch Island Press)から出版され、現在ではC.L.バーンハウス社(C.L.Barnhouse)が取り扱っている。

曲は”急・緩・急”の三部形式をとるオーソドックスな序曲であるが、「リリック(叙情的な)」と題名に書かれているように、曲全体を通して美しくロマンティックなメロディが歌われるのが特徴となっている。
なお、曲名の「マナティー」は一般的によく知られる海獣の方ではなく、アメリカ合衆国フロリダ州にある同名の郡のことを指しているのだが、その郡名も元をたどると19世紀半ばに同地域に生息するフロリダ・マナティから採られている。
直接的な描写はされていないものの、曲全体を通して現れる豊かでリリカルなフレーズは、彼らマナティをはじめとする数多の生き物を包み込むフロリダの美しい自然を描くかのような、深く大きなスケールを聴かせながら奏でられていく。

曲の構成

前半部

海のあお空のあお



Con spirito (♩=144-160) 4分の4拍子
快活なリズムを提示するフルートクラリネット、シロフォンの動きのもとにトランペットトロンボーンが華やかなファンファーレを奏し、重厚な低音から積み上がった力強くも爽やかな導入部を作り上げる。
その幕開けが過ぎ去ると、Calmando - L'itesso Tempoの指示のもとにクラリネットが落ち着いた雰囲気のフレーズを歌い、そこにユーフォニアムサックスを始めとする中音域の楽器が温かい支えを添えていく。
重なるベルトーンと澄み渡るファンファーレで再度盛り上がりを見せると、弾けるシンバルと共にコードの色彩をガラッと変え、変ホ長調(E♭)を基調としながらトランペットやホルンが鮮やかなコードの対比を見せる。
そのままリタルダンドで減速し、トランペット3本による変ホ長調の和音で一旦終止した曲は、Gently(穏やかに)の雰囲気のもとに3拍子へと移ろい、トロンボーンとトランペットの掛け合いを主軸としながら中間部へと繋がるブリッジを形作る。

中間部

海
bottle



Moderato (♩=92) 4分の3拍子
穏やかに流れる曲調に導かれ、トランペットが美しい響きでソロを歌い上げる。
その後を追うように木管楽器が加わると、緩やかな三拍子の大きな流れに乗るようにして次第に音の深みを増していく。
変調して再度現れるトランペット、その後を継いで元の調性で穏やかに奏でるクラリネットらのメロディに添って、深く抒情的な音楽は寄せては返す波のように形を変え、繊細に束ねられる木管楽器の和音をもって締めくくられる。

一瞬の間隙の後に曲はAndanteによるブリッジ部分を迎え入れ、新たな予感を匂わせるクラリネットを起点としながら、打ち鳴らされるチャイムのひとつひとつと共にエネルギーを漲らせていく。

後半部

オハヨウセカイ



Tempo primo 4分の4拍子
木管楽器の快活な動きによって再び冒頭の勢いを取り戻すと、ホルンテナーサックスユーフォニアムらの中音楽器が朗々と前半部分のメロディを繰り返す。
トランペットクラリネットも加わって広がりを増したその緩やかな曲想に身を任せるのもつかの間、音楽は一挙に2分の3拍子へと移り、スネアドラムの推進力を得たトランペットが中間部のメロディを呼び戻しながらPoco stringendoで強力に加速度を増していく。
そしてリタルダンドを挟んで元のCon spiritoに戻ると、冒頭の突き抜けるようなファンファーレを再現し、チューバら低音楽器の堂々とした足取りと共に輝かしく曲を締めくくる。

主な演奏団体(関連動画)

ワシントン・ウインズ(The Washington Winds)


東京佼成ウインドオーケストラ(Tokyo Kosei Wind Orchestra)


関連タグ

音楽 吹奏楽
フロリダ 海獣 マナティ
フルート クラリネット トランペット ホルン

外部リンク


参考文献

  • 秋山紀夫「吹奏楽曲プログラム・ノート」 株式会社ミュージックエイト 2003年6月18日発行 474ページ

pixivに投稿された作品 pixivで「マナティー・リリック序曲」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 91

コメント