ピクシブ百科事典

マードックからの最後の手紙

まーどっくからのさいごのてがみ

樽屋雅徳作曲の吹奏楽オリジナル曲。
目次[非表示]

概要

マードックからの最後の手紙(The last letter from Murdoch)とは、樽屋雅徳の作曲による吹奏楽曲。
20世紀初頭に建造された豪華客船であるタイタニック号の一等航海士ウィリアム・マクマスター・マードック(William McMaster Murdoch)と、彼が運行責任者となっていたタイタニック号の沈没事故をモチーフとして作曲されている。楽曲のグレードは3+。
2009年より、フォスター・ミュージック(Foster Music)がレンタル譜として取り扱っている。

 1912年4月、世界最大の豪華客船として、ニューヨークへ向け出航したタイタニック号は、その処女航海を終えることなく、海の底へと沈んでいきました。マードックは、タイタニック号に乗船していた1等航海士であり、船が沈む最後の瞬間まで勇敢に乗客の救出にあたった、乗組員の一人です。
 彼は、航海中家族に手紙を書くのが日課であり、そこには自分の近況はもちろん、家族を気遣う思いが必ず綴られていました。そんなマードックからの「最後の手紙」には、乗客達で賑わう船上の様子や大西洋からの美しい眺め、そして事故を予感させるアクシデントについて、語られていたかもしれません。

 曲はその手紙をアイリッシュ調のメロディーで綴っていきます。
マードックからの最後の手紙を「読む」ように聴いていただけたらと思います。
 
(作曲者自身による楽曲紹介より抜粋)

曲の構成

冒頭

親愛なる私の家族へ
[プラモボックスアート]1/400 scale  タイタニック



Adagio ♩=50
バスクラリネットファゴットによる木管低音の静かで壮大なベースライン、その中へしっとりと溶け込むクラリネットの穏やかな歌い出しによって曲は幕を開ける。
トライアングルの一打の後、旋律はフルートオーボエらの高音楽器を加えてより厚みを増していき、バリトンサックスらのオブリガードと共に海への賛歌を歌い上げる。
やがてritの緩まりを挟んだ曲はテンポをほんの少しだけ巻き上げ(♩=60)、トランペットをはじめとする高音の金管楽器サックスホルンらの中音域のフレーズが、これから始まるであろう航海に対して大きな期待感を寄せていく。

第2主題

マードックからの最後の手紙
無題



Piu mosso ♩.=112 8分の6拍子
北大西洋を渡り、ニューヨークを目指して航海を続けるタイタニック号の船上での出来事を、ひとつひとつの「手紙」のように綴っていく。
タンバリンによって提示されるリズムと共に曲調はがらりと変化し、装飾音符を効かせた木管楽器とボーラン(アイルランドの打楽器)によって軽快な北欧系の民族舞踊風のメロディが奏でられていく。
ホルンらによる力強いオブリガードも流れ込んで更なる盛り上がりを見せると、ピッコロ等の木管楽器が橋渡しを行いながら次第に静かな雰囲気へと切り替わる。
♩=72の穏やかなテンポの上で、ファゴットバスクラリネットのユニゾン、オーボエクラリネットをはじめとする木管楽器群がワルツ調のフレーズを歌い継ぎ、豪華客船の優雅な航海の様子を描きながらゆっくりと終息を見せていく。

Adagio ♩=60
静まった雰囲気の中、ホルンアルトサックスのフレーズが柔らかく響き渡り、その余韻を辿るようにクラリネットが温かみのある中音域で旋律を紡いでいく。
やがて旋律はピアノの伴奏を伴ったフルートのソロに移り、家族への気遣いや航海の安全を祈るマードックの優しさが垣間見えるような美しい調べを響かせていく。
シップベルが鳴らされ、航海は順調に進んでいくように思われていたその矢先、不穏と危難の兆候が和音の中から突然現れる。

第3主題

TITANIC



Allegro ♩=144 4分の4拍子
金管楽器の不協和音とトランペットの激しいメロディにより、突然のアクシデントの発生と混迷する船内の様子を描く。
静寂を打ち破ったパニックは瞬く間に曲全体を支配し、タムのリズムとシンバルの強打に乗ってアップテンポのメロディが大混乱の様相を呈しながら襲いかかっていく。
やがて体制を整えたマードックをはじめとする乗組員は乗客たちの避難誘導を開始し、刻々と迫る沈没へのタイムリミットに駆られる様子を確固としたスネアドラムのリズムとクラリネットの正確無比なフレーズの掛け合い(Poco Meno Mosso ♩=136)によって表していく。
その流れがタムの激しいリズムを残して一旦途切れると、スネアドラムを引き連れたホルンの力強いフレーズが代わって現れ、徐々に船尾を持ち上げながら沈み始めるタイタニック号の様子を示す。
accelの指示による目まぐるしい展開で緊張感はピークに達し、低音楽器とフルートがタイタニック号の沈没による終焉を暗示する。

第4主題

終焉の先にあるもの



♩=60 4分の4拍子
ピアノのソロによる海の泡の描写、深く暗く沈み込んだムードの中から、フルートクラリネットホルンのフレーズが静かに現れ、タイタニック号の悲劇に立ち会った人々の万感の想いを優しく力強く込めて歌いだす。
その時々にオーボエトランペットアルトサックスなど様々な楽器のソロを織り交ぜて歌われるメロディは、去りし人々に対する哀悼、それを受け入れて前を向こうとする各々の想いの強さを秘めながら盛り上がっていく。
やがてクレッシェンドと共に冒頭の主題が再現され、高らかに響き渡るファンファーレ、力強く大らかに奏でられるメロディがマードック達の”最後のメッセージ”を綴っていき、満ち溢れる想いを輝かしく放ちながらエンディングへと突き進んでいく。

主な演奏団体(関連動画)

土気シビックウインドオーケストラ(Toke Civic Wind Orchestra)


SHOBIアカデミーウインドオーケストラ(SHOBI Academy Wind Orchestra)


龍谷大学学友会学術文化局吹奏楽部(Ryukoku University The Symphonic Band)


伊奈学園総合高等学校吹奏楽部(Inagakuen High School Wind Orchestra)


防府市立中関小学校吹奏楽部(Nakanoseki Elementary School Band)


関連タグ

音楽 吹奏楽
タイタニック 豪華客船 航海士 手紙 便箋 氷山 沈没
クラリネット フルート タンバリン
響け!ユーフォニアム - 原作小説の第3巻「響け!ユーフォニアム3 北宇治高校吹奏楽部、最大の危機」に登場。
京都駅の駅ビルコンサートに特別ゲストとして招かれた九州の強豪校、清良女子高校吹奏楽部のプログラム最後の曲として演奏される。

外部リンク


参考文献

  • 秋山紀夫「吹奏楽曲プログラム・ノート2」 株式会社ミュージックエイト 2014年5月14日発行 212ページ

pixivに投稿された作品 pixivで「マードックからの最後の手紙」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1240

コメント