ピクシブ百科事典

エル・カミーノ・レアル

えるかみーのれある

アルフレッド・リード作曲の吹奏楽オリジナル曲。
目次[非表示]

概要

エル・カミーノ・レアル(El Camino Real - A Latin Fantasy)とは、アメリカの作曲家アルフレッド・リード(Alfred Reed)の作曲による吹奏楽曲。
アメリカ合衆国ジョージア州ロビンズ空軍基地にある第581空軍バンドの委嘱を受けて1984年に作曲され、翌年の1985年4月15日にフロリダ州サラソタ空軍基地で開かれたコンサートで初演されている。楽曲のグレードは5。
曲名の「エル・カミーノ・レアル」とはスペイン語で「王道」を意味し、武力や権力に依らない、王や皇帝の””による国家の統治を示している。 また、曲の随所にスペインフラメンコ等で用いられる音楽様式が使われており、副題の「ラテン幻想曲」(A Latin Fantasy)そのままの熱狂的で煌びやかなスパニッシュ・テーマが曲全体を通して登場するのが大きな特徴である。
一般によく聴かれる吹奏楽版のほかにも、ブラスバンド(英国式金管バンド)版やオーケストラ(管弦楽)版、エレクトーン版など、数多くの編曲が世に出回っている。

余談だが、同じ作曲家の作品である「吹奏楽のための第2組曲 ラティーノ・メキシカーナ(Second Suite for Band "Latino Mexicana")」(1980)の第4楽章「パソ・ドブレ」も、闘牛をテーマにしたラテン調のメロディが特徴となっている。

曲の構成

冒頭~前半部

女闘牛士
愛しのマタドール



Allegro brillante (♩=ca.132) ~ a tempo - con fuoco (♩=144) 4分の3拍子
金管楽器によるスペイン風のファンファーレで幕を開けた曲は、lungaの指示による一瞬の溜めのあと、燃え上がるような4分の3拍子の主題へと一気に雪崩れ込んでいく。
猛りを見せるホルン、次いでカスタネットの刻みを伴ったクラリネットによって示される舞曲風の第1主題、トランペットユーフォニアムのかけ合いによって始まる第2主題により、聴く者を見る間に情熱的なラテンの世界へと惹き込んでいく。
鋭く唸る16分音符のパッセージを経て、再びクラリネットとホルンらによる第1主題に戻った曲は、トランペットのファンファーレと木管楽器の連符の橋渡しを端として、次第に深く暗い響きのなかに沈み込んでいく。

中間部

garden



Slowly and languorously(♪=ca.92) 8分の7拍子
静寂のなか、憂いと切なさを秘めたオーボエのソロが現れ、コントラバスハープの爪弾きを伴いながら儚げな変拍子の旋律をしっとりと歌い上げる。
これに応えるようにクラリネットが代わって登場すると、木管楽器のアンサンブルによって曲調はにわかに熱情をはらんで盛り上がりを見せ、オーボエとクラリネットが互いに絡まりあいながら次の舞台へと移っていく。

quasi fandango,ma non troppo (a tempo ♪=ca.88) 8分の8拍子(3+2+3)
ホルンタンバリンの後打ちによりファンダンゴのリズムが提示されると、サックスやクラリネットをはじめとする木管楽器が華やかなフレーズを緩やかに奏でていき、その下からテナーサックスやユーフォニアムが16分音符や6連符の流れで絡んでいく。
コールアングレやアルトサックスらが高音域で昂りながら舞曲をまとめ上げていき、それを継いだクラリネットが優しく締めくくりつつも新たな予感を匂わせる。

a tempo,meno mosso,cantando 8分の6拍子
解き放たれたテンポに乗り、サックスやフルートらの木管楽器、後からホルンも加わりながら8分の6拍子による優雅で安らかな主題が流れていく。
コードの色彩も豊かに、情熱と美しさを纏ったそのフレーズは、中間部のなかで最も大きな盛り上がりを見せながら収束していき、ユーフォニアムの叙情的なソロを聴かせながらホルンとともに寂しく静かに消え去っていく。

後半部

Flamenco
Feliz Anõ Nuevo!



Tempo Ⅰ - Allegro brillante
深い静けさのなかから躍動感を持ったスネアドラムティンパニが突如として現れ、その後を追いかけるようにクラリネットフルートが加わっていく。
ホルントランペットチューバ等の金管楽器の面々も次第に加勢していき、盛り上がりの最高潮とともにトランペットが高らかにファンファーレを決めると、その勢いのもとにトランペットとトロンボーンが華やかに転調した第1主題を奏でていく。
やがて疾走するテンポに乗りながら中間部の主題が再現され、喜びの凱旋を歌い上げるサックスらの木管楽器にホルン、トランペットらの金管楽器が時に伸びやかに、時に煌びやかに絡んでいく構図となる。
この主題は次第に金管楽器へと主導権を移していきながら、怒涛の高音域と音数を伴った熱狂的なエンディングへと突き進む。
木管楽器・金管楽器・打楽器が渾然一体となって熱情の鼓動を刻んでいき、その頂点を輝かしく飾り立てて終幕を迎える。

主な演奏団体(関連動画)

吹奏楽版

NHK交響楽団(NHK Symphony Orchestra Wind Section)


東京佼成ウインドオーケストラ(Tokyo Kosei Wind Orchestra)


洗足スペシャルウインドワールド(Senzoku Special Wind World)


シエナ・ウインドオーケストラ(SIENA Wind Orchestra)


大阪市音楽団(Osaka Municipal Symphonic Band)


ブラスバンド編曲版

オーフス・ブラスバンド(Århus Brass Band)


ヴィヴィッド・ブラス・トーキョウ(VIVID BRASS TOKYO)


関連タグ

音楽 吹奏楽 ブラスバンド
スペイン フラメンコ 闘牛 闘牛士 マタドール
ホルン オーボエ カスタネット タンバリン

外部リンク


参考文献

  • 秋山紀夫「吹奏楽曲プログラム・ノート」 株式会社ミュージックエイト 2003年6月18日発行 413ページ

pixivに投稿された作品 pixivで「エル・カミーノ・レアル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 502

コメント