ピクシブ百科事典

ここに鷲は舞い上がる

ここにわしはまいあがる

スティーヴン・ライニキー作曲の吹奏楽オリジナル曲。
目次[非表示]

概要

ここに鷲は舞い上がる(Where Eagles Soar)とは、アメリカの作曲家スティーヴン・ライニキー(Steven Reineke)の作曲による吹奏楽曲。
アメリカ合衆国メーン州バンゴアにあるアケイディア病院の設立10周年を記念して2003年に作曲され、C.L.バーンハウス(C.L.Barnhouse)より出版されている。楽曲のグレードは3.5。
ライニキーの曲のなかでも「セドナ(SEDONA)」と並んで特に人気のある3部形式(A-B-A形式)の序曲で、「鷲の舞うところ」(鷲が舞うところ)、「天高く鷲の舞う地」等の数多くの邦題がつけられている。
広大な大空を時に力強く、時に悠然と羽ばたく”空の王者”たるの姿を変ホ長調(E♭)の親しみやすいメロディと高揚感あふれるリズムで描き出すこの曲は、コンサート等のオープニング曲として特に人気を集めている。

曲の構成

冒頭~前半部

写生



Maestoso 4分の4拍子
ティンパニの力強い一打と輝くトランペットホルンのファンファーレ、それを支える低音の金管楽器による重厚な序奏で幕を開け、途中から合流した木管楽器がフォルテピアノの沈み込みのなかを激動の連符で駆け上がっていく。
やがてフォルテシモに到達した曲は、allargの指示のもとに速度を緩やかに落とし、連なるアクセントとフェルマータに力強い羽ばたきの予感を匂わせる。

Allegro Spirito 4分の4拍子
解き放たれたテンポとともにトロンボーンチューバらの金管低音とスネアドラムが強固なベースラインを構築し、その上をクラリネットが軽やかな調子で羽ばたいていく。
旋律から発せられる抑揚に即座に応えるかのようなリズミカルな流れが終息を見せると、代わって現れたホルンユーフォニアムがウインドチャイムの煌めきを伴って高らかに舞い上がり、木管楽器の細かなパッセージを受けながら更なる飛翔へと備える。
そしてトランペットが主題の拡大形をエネルギッシュに歌い上げると、高まりのフォルテシモを頂点として緩やかに減衰を見せていく。

中間部

ロッキー山脈とわし



L'istesso Tempo 2分の2拍子
メゾピアノに抑えられた勢い、2分の2拍子への移行に伴い、曲調は緩やかかつ抒情的なものとなる。
低音楽器の持続的なベースラインに乗り、クラリネットフルートが2拍の大きな流れでしっとりと歌い上げると、ハ長調(C)への移ろいとともにトランペットのソロが風に乗って悠然と吹き渡っていく。
再び変ホ長調(E♭)に戻った曲はPiu Animatoの指示によってより一層の躍動を見せ、唐突なピアノへの抑え込みからmolto allargandoでエネルギーを全身に漲らせていく。

後半部

猛禽類



Allegro Spirito 4分の4拍子
確固としたリズムを固めるトロンボーンスネアドラムがアレグロのセクションの再訪を告げると、クラリネットフルートのリズミカルなフレーズ、ホルンユーフォニアムの緩やかに歌い上げるフレーズが対比を見せる。
その後に現れるトランペットの勇猛果敢な主題の再現によって曲は更なる盛り上がりを見せ、モチーフを重ねる金管楽器とトリルを飾る木管楽器が終幕に向けて大きく突き進んでいく。
最後はフォルテピアノからのクレッシェンドに導かれたホルンサックスが高らかに吠え、フォルテシモで力強く幕を閉じる。

主な演奏団体(関連動画)

ワシントン・ウインズ(The Washington Winds)


なにわ《オーケストラル》ウィンズ(Naniwa Orchestral Winds)


陸上自衛隊第8音楽隊(JGSDF 8th Division Band)


関連タグ

音楽 吹奏楽
 鳥類 猛禽類  ワシ イーグル
飛行 飛翔

外部リンク


参考文献

  • 秋山紀夫「吹奏楽曲プログラム・ノート2」 株式会社ミュージックエイト 2014年5月14日発行 183~184ページ

コメント