ピクシブ百科事典

マナー講師

まなーこうし

マナーを教育する講師。又はマナーにうるさい人への蔑称。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. マナーを教育する講師。マナー講師という職業は実在し、主に企業に招致されて新入社員へのビジネスマナーの講習を開催して収入を得ている。
  2. マナーにうるさい人への蔑称。及びマナー講師という立場を悪用して誤った価値観を植え付けようとする人。


2.の概要

主にインターネットにおいて、自らが定義するマナーを他人に押し付ける人への蔑称
彼らの意見が一般的に正しいマナーとは限らず、また説教じみた上から目線での発言が多いため煙たがられる。

テレビ番組やネットニュースでも「マナー講師」が登場することはあるが、それらもであったり、単に「社会人として」の見栄えだけを重視したものであることが多く、しばしば議論の種となる。
以下、代表的な例。

  • 内定の辞退にメール電話は失礼。直接会って礼を言う、もしくは手紙を出すべき。:実際の採用担当者からは「電話の方が処理が速くて助かる」「面会は時間を割く必要があるからやめて欲しい」という真逆の意見が挙がっている。
  • ハンコを押すときは、おじぎをしているように斜めに押すべき。:広く広まっているビジネスマナーではあるが、斜めに押すとだらしなく見えるという意見もある。また、「わざと斜めに押すのは上司への抵抗のサイン」という説もあり、何が正しいのか結論は出ていない。
  • お祝いの返礼品に緑茶を贈るのは縁起が悪い。葬式で緑茶を飲むことが多いからという理由だが、老舗の緑茶屋は「昔から緑茶は縁起のいい贈り物である」と、歴史的背景を交えて反論している。
  • 相手を訪ねる時のドアノックの回数。日本海外では全く逆の意味になってしまうことが多々あり、一概に統一できるものではない。

マナーはもちろん大切だが、あまり自分の持つマナーを他人に押し付けると、蔑称としての「マナー講師」の称号を得ることになってしまうので注意。

関連項目

マナー 礼儀 ネットスラング 蔑称
フェイクニュース 説教 老害
偽マナー/嘘マナー

関連記事

親記事

マナー まなー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「マナー講師」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 69

コメント