ピクシブ百科事典

ユンカーズF2

ゆんかーずえふつー

ユンカーズF2とは、特撮番組「スーパーロボットマッハバロン」に登場した、ロボット帝国の侵略用巨大ロボである。
目次[非表示]

概要

ユンカーズF2とは、「スーパーロボットマッハバロン」2話、3話ラスト、および4話「キス海底基地爆破指令」に登場した、ロボット帝国侵略ロボットである。

空軍所属のロボット。
頭部から特殊なシャボン玉を発射し、敵機体の風防ガラスにぶつけ、同じく頭部から発射する虹色の「ミラクル光線」を照射する事で、操縦者に実際とは異なる光景を見せる能力を有する。
頭部のみを分離させての飛行も可能。腹部には砲を内蔵し、それを用いての砲撃も可能。
右腕にはドリル、左腕は打突武器、脚部にはプロペラ状のパーツがある。両腕をクロスさせての打撃は強力。

劇中での活躍

当初、出現した後にマッハバロンとキスバード三機と交戦。愛の乗るキスバード3号に、シャボン玉とミラクル光線を用い、迷走させてキスバード1号に接触させる。
この時には撤退し、再び出撃した時にはマッハバロンにも同じようにシャボン玉とミラクル光線を放った。飛行するマッハバロンのフロントガラスに実際と異なる情景を映し出し、陽を混乱させて墜落寸前にまで追い詰める。
しかし墜落するマッハバロンに、愛のキスバード3号機がわざと接触。接触部から噴き出す炎でフロントガラスが包まれ、視界を元に戻された。
地上戦で、ユンカーズF2はマッハバロンと対戦。頭部を分離して攻撃するが、頭部はカノンショッターで、胴体はマッハコレダーにより破壊されるのだった。

なお、今回のミラクル光線の開発、および作戦の発案はスーカンが担当したが、その指揮権は謀略によりゲラーが奪い取った。
スーカンはゲラーにより、体内の回路を故障させられていた。ゲラーは自身が手柄を立てようとしていたものの、後に部下に命じてスーカンの回路に細工していたことが発覚。
ララーシュタインはこれに怒り、ゲラーに1ヶ月の活動停止の処分を下す。

また、今回は愛の弟・健一そっくりのサイボーグ・003も登場(サイボーグというより、アンドロイドであったが)。
健一に成りすましてKSSの基地内に潜入。時限爆弾を持ち込み、基地を爆破しようと試みるが、姉に見破られ撃ち殺された。

余談

3話ラストではララーシュタイン総統が直々に機体を紹介している。
上述のスーカンの「回路の故障」の件だが、どうも三参謀、作戦室に入る際に胸部の「動力回路」を作戦室に備え付けられた「指揮回路」に交換する必要が有るらしい。
この「指揮回路」にゲラーは兵士の一人を脅迫、「強力電磁波発振装置」を仕込ませたのである(哀れ件の兵士はゲラーに呪いの言葉を吐いて処刑されてしまった)。
こうしてゲラーは自身の「動力回路」を抜き取られ、1ヶ月の活動停止処分を受けてしまったのである。※どうも「意識は有るが身体が動かせない」状態だったらしい事が5話で語られている。

関連タグ

スーパーロボットマッハバロン マッハバロン ロボット帝国 侵略ロボット(マッハバロン)

関連記事

親記事

侵略ロボット(マッハバロン) しんりゃくろぼっと

兄弟記事

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました