ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

概要(ネタバレ注意!)

物語の核心・根幹に触れうるネタバレなので要注意!





















































『悪魔だからって絶対に悪いヤツだって決まってるワケじゃないでしょ だって…アンタは悪いヤツじゃない!』


『アンタは私を一人ぼっちの苦しみから救ったもの!』


『今度は… はなさない!!!!』


プロフィール

誕生日2月16日
星座水瓶座
血液型A型
年齢享年26歳
身長158cm
CV石原夏織
好きなもの何気ない日常 アスタ リーベ

アスタに宿る反魔法の悪魔リーベが冥府から現世に降り立ち、正に死のうとしていた所を救った女性であり、そして彼女こそアスタの実の母親である。

まだ経緯は不明だが、回想で彼女が赤ん坊のアスタを教会に預けている描写があり、上述の台詞から不本意な別れだったと思われる。

Twitterまとめ 2021.9

作中においてリーベが魔法騎士団に追われていたことからクローバー王国の出身と思われ、魔法属性は不明だが、魔(マナ)の宿っていないモノを別のモノに出し入れする事を可能にする魔法を使う。

また、生まれつき他者の魔力や生命力を無意識に奪ってしまう体質をしているせいで周囲から疎まれ、村から外れた人気のない土地にある小さな家屋で孤独に生活している。


自身の体質とそのせいで辛い境遇に晒されてるはずなのにも関わらず、それを感じさせないくらい快活で前向きな性格の持ち主。

リーベが力無く倒れている所を風貌に関係なく自身の家で介抱した上に、何も信じられなくなっていたリーベを自分の子供になって欲しいと提案した。


そんなリーベを本当の家族のように想い生活していく中で、リーベは笑顔と心を取り戻し、リチタもまた孤独だった人生の中で幸せを見出していく。


そして、共に生活していく中で上記のセリフを面と向かってリーベに言い切った。


冥府にも現世にも居場所がなく酷い仕打ちを受け続けたリーベが『オレの世界を変えた』と信じる程に大切な存在となった。


その瞬間、不意に現れた最上級悪魔『ルチフェロ』がリーベの身体を乗っ取り、リーベを依代にして現世に顕現しようとする。その時にリチタは自身の体質を活かし身体を張って阻止しようとするも、逆にルチフェロによって致命傷を負ってしまう。

それでも、ルチフェロとリーベを引き離す事に成功するも、微かな命となったリチタは残った力を振り絞り、リーベを以前に偶然拾った五つ葉の魔導書(リヒトの魔導書)に封じ込め、その安全を確保した。


そしてそんなリーベにリチタは涙を流し、微笑みながらリーベに言った。


「生きてね リーベ 私の愛する息子――――」


そしてリーベから初めて「母さん」と呼ばれ、最終的には息を引き取った。


自身の生まれついての体質で孤立する運命に置かれ、周囲から忌み嫌われ孤独に生きてきたリチタ

冥府にも現世にも居場所を見出せず、酷い仕打ちと迫害を受け続けて孤独だったリーベ。


深い孤独な人生を生きている中で二人は運命的に出会い、共に暮らしていく中で、かけがえのない存在同士となった二人だった。


理解してくれるものがいない中でも快活で前向きに頑張る考え、自身の直感を信じ大切と思うものを大切にし抜く優しさと思いやり、そして自分の命が危険に晒されても大切な人を守ろうとする心の強さこそがリチタの個性と人間性である。


そしてリーベは後に、彼女の個性と人間性を受け継いだ息子であるアスタと運命的な出会いを果たすこととなった。


関連タグ

ブラッククローバー アスタ ブラックアスタ 反魔法の悪魔


ヘンリー・レゴラント…こちらも前者と同じく他人の魔力(マナ)を無意識に奪ってしまう体質もの同士で、じつの両親に捨てられ、ずっと孤独に生き続けていたという経緯も共通している。そう、と出会うまでは。しかし、リチタと違い先天性のものではなく、ヘンリーの場合は呪いであり、魔力を奪わないと生きていけないといったものである。後に、前者自身の本当の息子であるアスタが自分を犠牲にして守ったもう一人の息子であるリーベが発現させた反魔法を宿した五つ葉の魔導書を手にし、後に仲間になるのは後の話である。


ヴァニカ・ゾグラティス⇐中の人のユニット元相方が演じていたキャラクター。

関連記事

親記事

兄弟記事

  • 反魔法 あんちまほうまたははんまほう

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 118443

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました