ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

初出は「ガンダムウェポンズ 機動戦士ガンダム00V編」。
ツインドライヴが搭載される前のリボーンズガンダム
宇宙船「ソレスタルビーイング」のファクトリーで製造され、00V作中では、リボンズによる機体性能のテストが行われた。
ただし、ツインドライヴもトランザムシステムも搭載されておらず、機体としての完成度はツインドライヴ搭載型に一歩譲る。

本機には、後の機体で採用されたGNシールドや大型以外のフィンファングなどが装備されていないが、ツインドライヴによる圧倒的な粒子供給があればこその装備と考えればこのオリジンもツインドライヴ無しでの設計において十分すぎる性能があったことが窺える。

各種形態

必要に応じて可変することで、オールレンジをカバーすることが可能。

ガンダムモード

ガンダムの姿の近接戦闘形態。
この形態でも中距離戦闘は可能で、大型フィンファングも使用可能なので近距離特化というわけでもない。

キャノンモード

フィンファングをキャノン砲とした中距離砲撃形態。こちらは「リボーンズキャノン オリジン」と言ったところか。
ツインドライヴ搭載型では四つあったフィンファングの内、下側2つがGNバスターライフルに移動しているものの、同武装が腕部に装着されているため、射撃という点では射角は広いと言える。
また、腰部に大型GNコンデンサーを内蔵したホバーユニットが配置されている。

タンクモード

オリジン唯一のオリジナル形態で、他の2形態と異なり原型となる機体が存在しない(厳密には2形態の原型が先にデザインされたためだが)。
残念なことに、リボーンズタンクともリボーンズタンク オリジンとも呼ばれない。
可変の際にはリバーシブルではなく、半身を180度回転させて、寝そべるように倒れこむ。誰が言ったか土下座変形
遠距離砲撃に加え、大型GNコンデンサー内蔵のホバーユニットによる高速飛行を可能とする。

武装

共通する武装はリボーンズガンダムを参照。

GNバスターライフル

バスターライフルの先端にフィンファングが装着されている。
取り回しや仕様に関しては不明。

大型GNフィンファング

本機では唯一のオールレンジ武装。2対4基の配置ではないものの、リボンズの技術によって巧みに制御される。

名称

この機体はツインドライヴ搭載型との差別化の為、「オリジン」の名称で呼ばれている。
また、ツインドライヴ搭載型とは異なり、各形態は「リボーンズ○○(可変時の形態)」ではなくなく「リボーンズガンダムオリジンの各モード」という表記となっている。

関連タグ

機動戦士ガンダム00V リボーンズガンダム

関連記事

親記事

リボーンズガンダム りぼーんずがんだむ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「リボーンズガンダムオリジン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 565

コメント