ピクシブ百科事典

リュウセイ(デュエル・マスターズ)

りゅうせい

リュウセイとは、TCG『デュエル・マスターズ』の背景ストーリーの登場人物であり、エピソード1の主人公である。彼が初登場したエピソード1以降は背景ストーリーの主要人物が背景ストーリー内での成長や変化ごとに複数回カード化されることも多くなったが、彼は特にその代表格とも言える存在である。
目次[非表示]

背景ストーリーでの動向

エピソード1

超獣世界に開かれた「超次元の穴」の向こう側に存在する異世界、パンドラ・スペースからの侵略者、エイリアンと戦うハンターに属するクリーチャーの一人。
エイリアンの侵略戦争の原因となったのは、エイリアン王家の王妃であるエイリアン・マザーと王女であるプリン姫が行方不明となり、エイリアン側が超獣世界側に連れ去られたと考えたのが原因であったが、マザーとプリン姫を襲い、超獣世界の仕業に見せかけたのは全ては「リヒャルト」を名乗りパンドラ・スペースに潜入していたアンノウン偽りの名 ゾルゲの仕業であった。
リュウセイ達によってゾルゲは討たれ、真相が明らかになったことでハンターとエイリアンは和解を果たし、リュウセイとプリン姫も心通わせるも、アンノウンの襲撃によりパンドラ・スペースは崩壊。
プリン姫達と共に唯我独尊ガイアール・オレドラゴンへとV覚醒リンクを果たし立ち向かうも、偽りの名 シャーロックの力で超次元の力を封殺されたことにより敗れ去り、プリン姫を残して行方不明となってしまう。

エピソード2

アンノウンによる支配が広がり、「ゴールデン・エイジ」らレジスタンスの抵抗が激化する中、リュウセイは「プリン姫を守る」という使命以外の記憶を失い戦場を彷徨っていた
しかし、リュウセイはプリン姫との再会を果たし、再び共にアンノウンと戦う。

エピソード3

エピソード2におけるアンノウンとの戦いから1万年後、プリン姫と共にコールド・スリープに入っていたリュウセイはオラクル教団の支配する世界に永い眠りより目覚める
背景ストーリーにおける動向こそ不明瞭なものの、プリン姫共々アウトレイジとなったりと更に新たな力に目覚め、様々な姿を取っている。

ドラゴン・サーガ

ドラゴン・サーガ以降の世界は、エピソード3以前の舞台となっていた世界とはパンドラスペースを通じて繋がっていたが、パンドラ・スペースの崩壊を機に異なる歴史を辿った世界である。
ドラゴン・サーガ世界におけるリュウセイはプリン姫とはぐれてしまったことで、「暗黒面」に目覚めたらしく、闇文明のドラゴンとなっている

革命ファイナル

詳細は不明だが、永遠のエメラルド・リュウセイとして再び暗黒面に目覚める以前に近い姿で再登場を果たし、リュウセイ・ジ・アースとしてハムカツ団入りを果たした。

カード化情報

リュウセイ・カイザー雑まとめ



エピソード1

永遠のリュウセイ・カイザー

永遠のリュウセイ・カイザー



流星のフォーエバー・カイザー


勝利のリュウセイ・カイザー

勝利のリュウセイカイザー



エピソード2

オフコース・カイザー 「龍」


悠久を統べる者 フォーエバー・プリンセス(プリン姫と二人一組でカード化)

永遠と悠久の塗り絵



宿命のディスティニー・リュウセイ

デュエルマスターズのリュウセイシリーズ



エピソード3

不敗のダイハード・リュウセイ

不敗のダイハード・リュウセイ



無双竜機フォーエバー・メテオ


未知なる弾丸 リュウセイ

未知なる弾丸(エックス・リボルバー) リュウセイ



閃光のメテオライト・リュウセイ

閃光のメテオライト・リュウセイ



炎龍王子カイザー・プリンス


決着のリュウセイ・ジ・エンド

【デュエル・マスターズ】決着のリュウセイ・ジ・エンド



ドラゴン・サーガ

リュウセイ・イン・ザ・ダーク

二足のほうが好きですね リュウセイ・イン・ザ・ダーク



永遠の悪魔龍 デッド・リュウセイ


煉獄の悪魔龍 フォーエバー・オカルト


革命ファイナル

永遠のエメラルド・リュウセイ


リュウセイ・ジ・アース

【デュエル・マスターズ】リュウセイ・ジ・アース



関連タグ

デュエル・マスターズ
ドラゴン龍
永遠のプリンプリン

pixivに投稿された作品 pixivで「リュウセイ(デュエル・マスターズ)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 15372

コメント