ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

誘導分岐

  1. ドラゴンクエストシリーズに登場する人物。『ドラゴンクエストⅥ』に登場するゼニス王、『ドラゴンクエストⅨ』に登場する創造神グランゼニスなど。
  2. カードライバー翔』のキャラクター。→水妖王子ゼニス
  3. GOGO!ぷりん帝国』のキャラクター。
  4. デュエル・マスターズ』の種族の一つ。→ゼニス(デュエル・マスターズ)
  5. フロントミッションシリーズのヴァンツァーの一つ。本項で解説。
  6. 無職転生』のキャラクター。→ゼニス・グレイラット

フロントミッションのゼニス

zenith

ジェイドメタル・ライマン製のヴァンツァー。汎用性に優れ、主にOCU軍の主力機として活躍。機動性の高さを注視され、以降はその方向で新作を開発することとなる。

「Zenith=頂点」という名が示す通りフロントミッションシリーズの「顔」となるべくして生まれた機体であり、スクウェア・エニックス”フロントミッション・プロジェクト” のシンボルマークとして親しまれている。


ゼニスのバリエーション

●ゼリア

フロントミッション

ゼニスの後継機開発の途上、副産物として生まれた機種。実戦データ収集のために試験的に製造されたが、その性能が高かったため、市場投入されるようになった。

『フロントミッション4』では、後継機にゼリアⅡが登場している。


●ゼニスV

コミスタ練習中 ロボ落書き

第二次ハフマン紛争中に登場した機体の中で、最高の機能とバランスを誇る機体。「ハフマンの戦慄」とも謳われた。『2nd』の年代では多くの機体が退役し、海防軍に配置されるのみとなっている。


そして、『ロードオブヴァーミリオン』のPC版である「アリーナ」で予想外のコラボ参戦を果たす事になった。『聖剣伝説』や『ヴァルキリープロファイル』等の参戦メンバーの横にゼニスVが並ぶ姿は衝撃を受ける事は間違いないだろう。


●ゼニスRV(ゼニスレブ)

ゼニスRV

ゼニスVの発展型。『FMO』から『4th』『2nd』『3rd』と多くのシリーズで新鋭機として登場する。

2112年を舞台とした『3rd』では主人公の初期機体として登場、さすがに時代遅れになっていたようである(隣に置かれていた107式 強盾を含めて『研究用のポンコツ』とまで貶されていた)が、【絶対先行】【ダブルアサルト】など、修得可能なスキルは優秀で耐久力や回避率も高い部類に入り、改造を重ねることで終盤でも活躍できる。

『4th』ではダリルサイドでの隠し機体として登場、『5th』では改造バリエーションの一つとして登場する。


●グレン専用ゼニス

グレン専用ゼニス

『フロントミッション5』より登場。ゼニスVをベースにバイオニューラルデバイス(S型)との連動機能を搭載したカスタム機。グレン・デュバル専用機。

ハードモードでのサバイバルシミュレータを完全制覇することで入手できるが、パーツ一つ取得のため、セットとして入手するためには最低でも4度はクリアしなければならない。


●カレン専用ゼニス

HJ投稿イラスト 03

携帯電話ゲーム『フロントミッション2089-Ⅱ』に登場。バイオニューラルデバイス(B型)にされる前のカレン・ミューアが乗り込む。


●ゼニスpb8

DOG LIFE

漫画『フロントミッション DOG LIFE & DOG STYLE』に登場。名前はゼニスなのに外見はイグチ社の強盾にしか見えない。


●オプションパーツ

  • ダスラークロー

格闘専用に特化した鍵爪つき右腕。肘部に装着されているバーニアを点火することで、高速で打撃を繰り出すことが出来る。『1ST』において猛威を振るった格闘用武器腕である。『5th』でもハードモードでのサバイバルシミュレータの終盤で低確率で入手できるレアパーツとして登場。


  • ドラゴンハンド

肩に大型パイルバンカーを搭載した格闘用武器腕。ダスラークローよりも強力で、DS版『1st』『2089』で2周目以降のプレイの際に特定の場所で取得可能。元々は、SFC版で武器アイテムとして登場する予定だったが、開発の都合により没になったアイテムであった。


関連タグ

pixpediaで分割された項目

関連記事

親記事

pixpediaで分割された項目 ぴくぺでぃあでぶんかつされたこうもく

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3197108

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました