ピクシブ百科事典

ルシオン

わいるどびばちゃん

漫言放語研究所の研究員。 画像の眼鏡をかけた出っ歯の人物。
目次[非表示]

注意

彼は漫言放語の世界に生きる架空の人物です。

概要

漫言放語研究所メインメンバーの一人。
(助手に操られた)ガイト教授
どこかのダムから拉致ってきたビーバー。
イメージカラーはオレンジ。
実験でお手伝い改造ビーバーにされ、
その後研究員として定着された。
逆立った黒髪とメガネ、そばかす、
そして何と言っても白い出っ歯が特徴。
名前は"ルシオン"と表記される事が多いが、
正しくは「Lsion」である。

とにかく運が悪く、機械との仲が悪い。
事あるごとに発言がスルーされたり、
何気ない一言でもものの見事にスベるため、
スベりの師範代の肩書きをもつ。
また、ゲームの操作技術があまりにも
素晴らしく低クオリティな為
マジキチプレイメンタル崩壊プレイと呼ばれた。
そういう彼自身もゲームそのものが嫌いで、
頻繁に研究所をやめたがる。
なぜか一時期「ジャンボ」と挨拶していた。

基本テンションが高くオーバーリアクションで、
よく分からない所でツボる事が多い。
その際、甲高い奇声を発することもある。
研究員の中でも特に激しやすく、
ブチギレて罵詈雑言を飛ばすこともしばしば。
コントローラをぶん投げた事もあった。
そしてコントローラにぶん殴られた事もある。
また、名無しさんと登山に行った際には
景色に飽きたのか、側の木を殴ったあと
何で木しかねぇんだよ!!!」とブチギレた。
ガイト教授Δ_103fxに殺された際には
壮絶な絶叫で蘇らせたが、怒号なのかは不明。

何かとガイト教授をライバル視する事が多く、
戦いを挑むも大体あっさり敗れ去る
が、まれに(教授の自滅で)圧勝することも。
そのライバル意識を利用して始まった企画
「教授対野獣シリーズ」のRound7では、
スター(無敵)状態で教授の眼前を素通りし
そのまま去っていくスター素通り事件」を
世に残した。教授のお気に入り事件である。

芸術的な絵画力を持っており、
画伯と肩を並べて巨匠とも呼ばれた。
料理人として活躍したこともあり、
天然ボケの総料理長の異名を持つ。
代表料理は「バナーヌ」と「ゴリ脳バーガー」。

更に、謎のワイルドなレーサー
そらまめライダー美歯総統の実績もあり、
数々の大会に参加した(させられた)。
言うまでもなく大体最下位。
なお本人によると、美歯総統は親戚で
彼自身ではないとのこと。
最初は本人がレースしていたが、
途中で代わってもらった説が有力である。
レーサーになる前から既にカートに乗っており、
金の亡者とゲスいレースバトルを繰り広げた。

更に更に、ベビーシッターの経験も持ち、
大勢の赤ちゃんをあやした主夫でもある。

これで終わりかと思いきや、
なんとハンターとしての過去もある。
ロング肩パッドと猪頭が特徴で、
事あるごとにキレたり力尽きていた。
最終的には、仲間の力を借りずに
因縁の宿敵を倒し無事引退した。


研究所解散後は実家のダムに帰って、
現在おだやかに家業を継いでいる。



都市伝説

あまり知られていないが、
暴君ウイルスΔ_103fxの開発者である。
そのため、

教授がビーバーを拉致し実験
⬇︎
改造ビーバー ルシオン誕生
⬇︎
数ヶ月後
秘密極秘研究室で教授死亡確認。
翌日、何故かそれを知っていた
ルシオンの供述によると
死因はΔ_103fxであるという。
⬇︎
Δ_103fx開発者はルシオン
頻繁に辞めたがる
⬇︎
教授怪死事件の真相は
ルシオンが仕組んだ陰謀?

Δ_103fxの部屋に結晶が出来た事から、
恐らくΔ_103fxは冷却属性を扱える。
つまり教授は実は冷凍睡眠状態だった。
それに気付かずルシオンは癖の絶叫で
うっかり彼を呼び覚ましたのだろう。

という噂まで流れているが、真偽は不明。
本当だったら実に恐ろしい。


名言(迷言)

「う〜りゃ〜らっさら〜」

星のカービィ64で唐突に口走った謎の言葉。

「ウィングを得たことにより、合体!」

星のカービィWiiの厨二病解説で生まれた迷言。
漫言放語研究所で一番有名な迷言でもある。


関連タグ

漫言放語研究所 マッドサイエンティスト 実況者

関連記事

親記事

漫言放語研究所 まんげんほうごけんきゅうじょ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ルシオン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2782

コメント