ピクシブ百科事典

漫言放語研究所

まんげんほうごけんきゅうじょ

マッドサイエンティスト兼 ゲーム実況者の集団である。
目次[非表示]

概要

YouTubeで実況動画を投稿している自称慈善活動団体。
決して怪しいマッドサイエンティスト集団ではない!
方向性は特になく、オールジャンルで何でも実況する。
対応据え置きハードは64/Wii/WiiU/Switch/PS4
携帯機は3DS/VITAで、PCフリーゲームも守備範囲。
基本的にやり込まず、スピードクリア(ゴリ押し)する。
漫言放語な茶番やトークでどんなジャンルのゲームも
カオスに染め上げる為、感動シーンが台無しになったり
話が全く頭に入ってこない。マジキチは褒め言葉
わちゃわちゃしたアットホーム(グダグダ)な雰囲気で、
ボケツッコミが織りなす漫才のような掛け合いが特徴。

また、定期的に自作ゲーム等も製作し発表している。
中には修正後フリーで配信されている作品もある。
毎年年末にラジオでアンケート企画も実施しており、
視聴者のお便りに研究員達が直接答えてくれたり、
研究所キャラクター(50体超)の人気投票を行う。
毎年恒例ではないが、研究所が出したお題に沿って
視聴者がイラストを描いて提出する"お絵かき祭り"
と呼ばれる企画もある。優秀作品は動画で受賞する。

2012年11月23日にYouTubeチャンネルを開設、
2012年12月14日から実況動画の投稿を開始した。
1年目は動画の投稿頻度が凄まじく基本1日2本、
全盛期は1日10本アップロードする時もあった。
2年目から1日1本、3年目からは2~3日に1本、
4年目以降は週に2本の投稿となっている。
2017年12月にめでたく実況活動5周年を迎えた

実況スタイル

教授の助手Taketakeが独断で選んだゲームを
ガイト教授ルシオンにやらせるスタイルが多い。
ホラーが苦手な教授にはフリーホラーゲームを、
アクションが苦手なルシオンにはアクションを
プレイさせるなど、意図的にそれぞれの不得意な
ジャンルのゲームを無理やりプレイさせることで
安定したボケとツッコミを成り立たせている。
大人数必要なゲームやガヤが欲しい時などには、
名無しさんMr.店長デルタも召集される。

研究員

彼らは漫言放語の世界に生きる、架空の人物である。
※詳しくは各研究員の記事をご覧ください!

所長。ツッコミの鋭いムードメーカー。
とても芸術的な絵を描くため画伯とも呼ばれる。
イキっていないのに何故かイキリスト扱いされがち。

助手。時々滑舌が発狂する司会進行役。
噛み噛みで古代メソポタミア語を蘇らせる力を持つ。
担当はボケだが、最近はツッコミにまわりがち。

野獣。キレ芸の達人、スベりの師範代♂
とにかく運が悪くて操作が下手くそ。
天然ボケの総料理長巨匠など数々の肩書きを持つ。

爆弾に愛されたつかみどころのない男。

さらっと正論をブチ込んでくる紳士(魔王)

"うるさいガヤ"でお馴染みの暴君ウイルス

チャンネル運営、イラスト等を担当。

元研究員

  • 彩り和風弁当(故人)

容姿:頭全体を覆うカボチャの被り物をしている。
素顔:七三分けでやや長めの黒髪に黒縁メガネ
上記の通り彩り和風弁当な要素は皆無。
しかし、彼はれっきとした"彩り和風弁当"なのである。

死因:消費期限切れ後、教授によって廃棄処分された。

脱退後、彼は派生キャラクターとして生まれ変わり
オリジナルゲームなどで脇役として度々登場している。

派生キャラクター

漫言放語の世界に住む住人たち。
研究所オリジナルシリーズでその活躍が見られる他、
時々実況動画にも出演しアテレコを担当する事もある。
老若男女は勿論、人外人工知能まで存在している。
現在50以上の住人が確認されており、今後も増える模様

また、毎年末ラジオで彼らの人気投票が行われており、
上位ランクインした住人は翌年何らかの恩恵を受ける。

派生キャラクター一覧

派生キャラクターは大きく「アテレコ派生」と
「オリジナル派生」の2種類に分けられる。
前者は各研究員の声のレパートリーや肩書きをそのまま
キャラクター化したもので、各研究員の派閥に所属し
実況でアテレコを担当したり呼び出されたりする。
後者は自作ゲーム等における登場人物として作られた
キャラクターで、基本的にオリジナルシリーズでしか
登場することはない。

▼G派閥


▼T派閥

▼B派閥
  • 遠藤
  • 美歯総統
  • ちゃんビバ
  • ルシヴァリン
  • ビ・ヴァンチ
  • 悪の勇者
  • ビバンギ
  • ルッション

▼その他
  • 伝説の英雄パパ
  • 大魔神マイルド
  • 肉塊魂
  • 終焉の巨龍
  • アウトサイド
  • クサレゲドウ
  • ハティクロイド
  • ノーヴィダス・フィーデッム
  • ハティクヴァ宇宙評議会
  • ソ繝シ繧縺ク縺吶�
  • プラネーテス・カルディア
  • 鷹本美津子
  • 鷹本仁
  • 水銀メチル
  • ヘドバン親父
  • ゴーグルくん
  • ニート教授
  • タケテケ
  • 匿名さん
  • Mr.十兆
  • シグマ
  • STELLA
  • ヒゲガテイク・ダーリン
  • メソッタ
  • ハテナブラック

▼レギュラーモブ
  • セコム
  • キング多田野
  • 台湾の覇者
  • パンドラのアバター
  • エクスカリバー
  • ヨウリョクタイ
  • エミール
  • デビルイアー(地獄耳)
  • ななっしー
  • ミセスメイド
  • 大塩沌三郎

企画実況シリーズ

現在打ち止めとされていない企画について紹介。

  • 教授対野獣シリーズ
ガイト教授とルシオン、両者共あまりゲームが
得意ではないという点を逆手に取った
「教授対野獣」という最底辺争い企画が存在する。
クソみたいなプレイとありえない凡ミスが
正面からぶつかった時、どんな化学反応が起きるのか?
という疑問から生まれたシリーズである。
実際見てみなくてもわかるが、かなりの泥仕合
しかし、酷過ぎるが故に常識的に考えられないような
試合に発展することがあるため、要チェックである。

  • 美歯総統シリーズ
ソラ豆ライダー美歯総統やベンツドライバー悪の勇者が
マリオカートで入賞を目指す企画。分かり易く言うと、
アクションゲームが苦手なルシオンが大勢の
ガヤに無言で見守られながら、全てのカップで
入賞するまでマリオカートの一人実況をさせられる。
というもの。この世で言う地獄絵図である。
言葉では言い表せないので、実際に見て頂きたい。
その際、うっかりメンタル崩壊しないようご注意を!

オリジナルシリーズ

通常のゲーム実況動画とは別に、ほぼ毎年
自作RPGなどのオリジナル作品も投稿している。
実況後修正しフリーで配信されている作品もある。

現在公開されている作品

  • 2014年

・漫言放語ナイト (ゲーム)
・恐怖のチェケラ王国 (ゲーム)

  • 2015年
・Miiファイター物語-勇者と契約の剣- (紙芝居風動画)
  • 2016年
・クサレゲドウ-真実と虚実- (ゲーム)
  • 2017年
・ミルクティーの変 (ゲーム/ふりーむで配信中)
  • 2018年
・漫言放語ナイト-災禍の凶星- (ゲーム/3DSで配信予定)


関連イラスト

5周年おめでとうございます!記念イラスト
漫言放語研究所まとめ


漫言関連イラストまとめ『7』《祝5周年》
漫言放語研究所・キャラクター図鑑 No.1~50



関連リンク

YouTubeチャンネル

関連タグ

実況者 科学者 マッドサイエンティスト

pixivに投稿された作品 pixivで「漫言放語研究所」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4556

コメント