ピクシブ百科事典

ガイト教授

がいときょうじゅ

漫言放語研究所の所長である。(中央の人物)
目次[非表示]

注意

彼は漫言放語の世界に生きる架空の人物です。

概要

助手と共に研究所を創設した親玉。
元気で明るく、研究所のムードメーカー的存在
であると共にツッコミの達人でもある。
研究所唯一の「純ツッコミ」担当のため
彼なくして漫言放語研究所は語れない。
過去に一度Δ_103fxによって殺害されており
暫くの間夜空の星と化していたが、
ルシオンの渾身の雄叫びにより復活(謎)。
あまりにも絵が「うまい」ため、
"画伯"という肩書きも持っている。
ミルクティーと女が大好き過ぎてヘルニアになり入院、
手術をした逸話もあるとか。
普段は助手と非人道的生体実験を行っており
実験中は本人曰く記憶がないらしい。
被験体の代表作は「梅干し金魚」と「アセロラマグロ」
また、何故かよくキノコと見間違われる。
自身を細胞レベルで改造しており、何度でも蘇る
生命活動が停止した場合は萎んだキノコ状に変化し、
彼に付着した胞子を吸い込んだ者は彼の分身となる。
歌声はデスヴォイスと呼ばれており、聞いた者は死ぬ。
趣味は保健室の壁にめり込むこと(謎)。

見た目はご老人である。
悪の科学者らしい白衣とぼさぼさの白髪が特徴。
赤いグラスをしている。初期は頭にCDを付けていた。


名言(迷言)

「あんざんし」

案山子(かかし)が読めなくて生まれたカカシの亜種。

「マツメイとヘビ」

松明と鉈(タイマツとナタ)が読めなくて誕生した。
ヘビはともかく、マツメイってなんなんだ・・・。

「My Ne is me Gight」

マイネズミガイト。直訳→私のネズミガイト(謎)

「きびぃ」

は?

「きちぃ」

は?


キャラクターとしての活躍

オリジナルシリーズで作中の人物としても登場する。
この場合の彼は、別世界のガイトとして扱われる。

主な登場作品

漫言放語ナイト

漫言放語研究所の親玉として登場。
サイコパスで、すべての悲劇の元凶である。

恐怖のチェケラ王国

漫言放語王国チェケラキングダムの皇帝として登場。
生命力は凄まじく、あのタケコの一撃にも耐えうる
感情の起伏と気持ちの切り替えが尊敬できるレベル。
最初的にはとある人物と対立し・・・

Miiファイター物語・勇者と契約の剣

悪の科学者Dr.ガイトとして登場。
人々をさらっては被験体として改造する腐れ外道。
サイバータイツにキノコ頭という奇抜な容姿。
殺し屋との戦いに破れ死んでしまうが・・・

クサレゲドウ-真実と虚実-

ゴッデス・コーポ906号室で話し声のみ登場。
彼のいる部屋のみ鍵が空いており、中に入ると・・・。

少女と被験体とマッドサイエンティストシリーズ

人里離れた研究所のマッドサイエンティストとして登場
助手たちに脱走した被験体を探し出すよう命じる。

漫言放語ナイト-災禍の凶星-

今作では未だ登場が確認されていない。

関連タグ

漫言放語研究所 マッドサイエンティスト 実況者

pixivに投稿された作品 pixivで「ガイト教授」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 537

コメント