2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

2005年1月27日に発売されたプレイステーション2対応のロールプレイングゲーム
発売はスクウェア・エニックス、開発はトライエースである。

複数の種族が存在するファンタジー作品である。
SFチックなスターオーシャンシリーズを手掛けるトライエースにしては珍しくメルヘン的な世界観となっている。

170人以上のキャラクターを仲間にできるという当時の他のゲームにはない要素を持っている。キャラクターがタイムスケジュールに沿って行動する斬新なシステムの先駆となった。エンディングは2種類の分岐があり、物語の途中で選択できるという特徴もある。

コミカライズされており、月刊Gファンタジーで人間編、月刊ガンガンWINGで妖精編が連載されていた。

詳しくはwikipediaの記事

キャラクター

メインキャラクター

ジャック・ラッセル主人公
リドリー・ティンバーレイクヒロイン
ガンツ・ロートシルト:団長

仲間・その他のキャラクター(50音順)

アーシュラ エルヴィス エルウェン エレナ
ガレス ギル クローディア コーネリア
サイネリア ジャーバス ジーニアス シン
タナトス
ナミ・タマキ
ビシャス ファン フェリックス フラウ フローラ
マーシオ ミカエル ミランダ
リーリエ・ミリアス リンカ レオナ・ヴァイスハイト

ヴァルキリープロファイルの主人公レナス・ヴァルキュリアもエキストラとして仲間になる。
ナミ・タマキはOPを歌っている歌手をモチーフにしたキャラクターである。

評価

2005年にクソゲーオブザイヤーにノミネートされた作品である。「どちらかを救うために、どちらかを犠牲にしなければならない」という後味が悪いストーリーが低評価の一因であったらしい。
当時の時点でも衝撃的なストーリーを持ったスクウェア製のゲームはあったのだが、いずれもどちらかというと高い年齢層に向けた作品である事が広報の時点で分かるものだった。対してこの作品の場合はメルヘンチックさを強調していたゲームであった事が落差を生んでしまった面もあると思われる。
後は広報で使っていたアニメーションがゲーム内で使われなかったというのも印象を悪くしたと思われる。
一方で日本ゲーム大賞にも入賞するなど高い評価も受けている。
多彩な仲間キャラ、斬新なシステム、細部までこだわった街の構造やキャラの行動、箱庭的な世界観ゆえ根強いファンも多い。

結末に納得いかないという人は上述の漫画版を読んでみると救われるかもしれない。

関連タグ

トライエース イセリアクイーン
インフィニットアンディスカバリー
スターオーシャン

関連記事

親記事

トライエース とらいえーす

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 395851

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました