ピクシブ百科事典

ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団

るふらんのちかめいきゅうとまじょのりょだん

ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団は、日本一ソフトウェアがPlayStationVita向けに発売したRPGである。
目次[非表示]

概要

ゲームのジャンルとしてはRPGであり、主観型ダンジョン探索RPGである。
アニメチックで可愛らしいキャラクターや、自動マッピング機能など昨今で発表された要素を受け継ぎつつ、「ダンジョンの壁を破壊して移動する」「ダンジョンの何処にでもワープポイントを作ることが出来る」「雑魚敵も全て可視化されているので敵と会わずに探索することが出来る」など、掟破りな要素をふんだんに盛り込んでいる。

キャラクター

夕闇の魔女


ドロニア
黒い装束に身を包んだ、黒髪と美貌を持つ魔女。
赤と青の目の色から夕闇の魔女と呼ばれており、”バーバ・ヤーガ”と名乗っている。
非常に高慢で自己中心的な性格をしているが、本人以外の人間にも問題があることがあるため振り回されることも多々ある。
外見は非常に美人で、スタイルも良い。作中でもその高い戦闘力については指摘されている。
普段の格好からは目立たないが、足が義足になっている。

ルカ
ドロニアの弟子。元気で明るく表情豊か。泣いたり笑ったりと表情がくるくる変わる。
炊事、掃除、洗濯などのドロニアの身の回りの世話を全て一人で行っている。

妖路歴程(レキテイ)
正式な記録では568人の人間が命を落としたとされる地下迷宮について、その迷宮の奥底まで踏破し、その全ての秘密を解き明かしたとされる唯一の生還者が残した伝説の書物。
元は単なる書物であったが、プレイヤーの魂が封じられたことで目と口が生え、意思が生まれた。
ダンジョンの探索はこの妖路歴程と、指揮する人形兵によって行われる。ダンジョンで見聞したことは自身のページに書き込まれ、ドロニアはそれを読むという形でダンジョンでの出来事を知ることになる。

人形兵
魔女によって作り出された人形たち。通常はただの人形でしかないが、マナが満ちる場所では肉体を得て、精強な兵士となる。
人形兵には様々な種類があり、それぞれ異なる戦闘能力を持つ。書物である妖路歴程は動けないため、彼らに抱えられるような形で探索を行う。
人形兵には性別や性格があり、自分好みにカスタマイズすることができる。

ゲームシステム

人形兵

アステルナイト

騎士。古塔槍という槍を振り回すアタッカー。
オーソドックスな前衛で攻撃力も高い上に、槍の適正距離が前衛・後衛なので、カヴンに組み込む際に融通がきく。ただし機敏さには欠ける。
女の子型の戦闘力は85のD。

シノブシ

二刀流の使い手である刀剣使い。回避力や、敵から狙われにくい潜伏能力もあるが、耐久力は低い。
スタンした相手への追撃能力が高く、また自身が状態異常にかかっている時に相手にも同じ状態異常を与えるスキルなどを持つ。

シアトリカルスター

呪鐘を持つ踊り子。味方との連携攻撃に長け、また通常攻撃がグループ攻撃になるため、序盤ではとても重宝する。ERSというステータスがガンガンあがるため、これを基軸にしたカヴンを構成できると活躍の幅が増す。

ピアフォートレス

タンカー盾役。甲冑で覆われた身体を持ち、単純な防御だけではなく味方を庇うこともできる。女の子型は文字通りの全身甲冑であり、何か別の生き物のようにさえ見えるが、3つ目のビジュアルタイプでは非常に露出が大きくなる

マージナルメイズ

所謂魔法使い。蝕台を手に戦う。ドナムを使うならこの人形兵の右に出るものはなく、威力を増加させたり、消費するDPを軽減したりするスキルなどを所持する。防御形のスキルも覚えるため、それほど打たれ弱くない。ドナムによる攻撃能力を高める固有スキル「ドナムマスター」はカヴンに参加している人形兵のものがサポートのものも含めて重複するため、全員マージナルメイズで揃えるとすさまじい威力をたたき出す。

マッドラプター

狩人。弓で攻撃する後衛。ステータスやスキルにより非常にすばやく、おおよその敵に対して先手を打って攻撃できる。反面、非常に打たれ弱い。

ゴシックコッペリア

失敗作。怪力の持ち主で鈍槌を振り回して戦う。人形兵の中では唯一性別がない(外見は女性的)。尻尾のようなものが生えている。非常に高い攻撃力を持ち、固有スキルの効果もあり真正面から敵を殴り倒すことが出来るが、非常に足が遅く、おおよそターンの最後に行動することになるのが玉に瑕。

デモンリーパー

実験型。両手と両足に装備した鎌で敵を攻撃する。高い攻撃力と最速のスピードを持ち、そして非常に打たれ弱い。固有スキル「ウィッカーマン」は部位が破壊されているとその数だけ攻撃力が高くなるピーキーなスキル。幼い女性の素体でしか魂が定着しなかったため、外見は皆幼女である。やったぜ。幼女が腕や足をちぎり飛ばしながら攻撃してくる。

カヴン

人形兵は一人で戦うだけでなく、カヴンと呼ばれる小隊を組んで戦うことが出来る。
カヴンは最大で3人+直接戦闘に参加しないサポーター5人で構成される。
カヴンは一度に5つまで編成できるため、つまりは最大「40人」でダンジョンを探索することが出来る。
カヴンの形成には特定のアイテムが必要であり、そのアイテム次第で参加できる人形兵の人数、ステータスの弱体・強化や「狙われやすさ」の調整などの補助要素などが決まる。
そのため、「ただ数を増やせば強い」というわけではないのが悩ませ所になってくる。

ドナム

特殊技。他のゲームで言う「アクティブスキル」のこと。
このゲームでは使用できるドナムは各キャラクター毎ではなく、カヴン単位で決まっている。

クリティカルゴア

クリティカルが発生した際、部位のいずれかが破壊されるという要素。
部位をロストすると能力が大きく下がり、HPの最大値も低下する。
これは敵だけではなく人形兵にも発生し、頭部を破壊されると一撃で戦闘不能となる。
欠損した部位は通常の手段では回復せず、拠点に戻り修理をしなければ欠損したままとなる。

pixivに投稿された作品 pixivで「ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 137905

コメント